2秒でわかるApple Special Event, March 25 2019まとめ。Apple News+、Card、Arcade、TV+などが提供予定。日本への対応は…

2秒でわかるApple Special Event, March 25 2019で発表されたサービス、機能のまとめ

2019年3月26日のイベントで発表されたサービス、機能の概要は次のとおり。
  • Apple News+ 定額制ニュース配信&雑誌購読サービス(日本×将来は?)
  • Apple Card キャッシュバックが魅力的なクレジットカード(日本?遅れて○?)
  • Apple Arcade 定額制ゲーム配信サービス(日本たぶん○)
  • Apple TV+ Apple tvがアプリに。各種VODサービスを一つに(日本一部○?)
以下はもうちょい詳細&補足です。

Apple Special Event, March 25 2019の発表内容概要

Apple News+

アメリカ(および一部の国)ではすでに始まっている定額制ニュース配信サービス Apple News。 今回、雑誌購読サービスのサービスも付いて Apple News+になりました。 News+アプリからニュース、新聞、雑誌までまとめて見れるビジネスマンには嬉しいサービス。 対応している国では即日、3月26日から利用可能。 ですが、日本は未対応。日本だったら各新聞社の新聞や日経、日経BP社などの雑誌購読までまとめないと厳しいかもしれませんねー。

Apple Card

Felicaチップの採用により日本でも対応がどんどん進んだApple Pay。 それをさらに推し進めクレジットカード機能、Apple Cardがこの夏から使えるようになります。 モバイルSuicaのように、Walletアプリの中ですぐにカードが発行されるとのこと。 魅力的なのは、Daily Cashというキャッシュバックプログラムで、
  • 日常のApple Payでの買い物には2%
  • Appleでの買い物(サービスの利用含む)では3%
のキャッシュバックがされる仕組み。 Apple Payさえ使えるところであれば、少額の支払いでもDaily Cashが付くとのこと。 なので、他のポイントプログラムを駆逐、いや、もしかすると、Daily Cashと各社のポイントと二重取りができるようになるかもしれません。 果たして日本で使うことができるようになるのか? 続報が待たれます。

Apple Arcade

Appleが満を持して提供する定額制のゲームサービスがApple Arcade。2019年秋にサービス開始です。 大きな特徴は、
  • iPhoneでもMacbookでもApple tvでも、もちろんiPadでも同じゲームができる。しかも続けて
  • 定額制なので課金を心配する必要なし
  • 家族で共有可能
という、ゲーム好きな年頃のお子さんのいる家庭では大変魅力的なサービスとなる可能性があります。 ただ、問題は日本のゲーム業界の特殊性。日本で好まれるようなゲームが提供されるかどうかが日本でApple Arcadeが普及するか否かのカギになります。 アップルの日本のサイトでも紹介されているので、こちらはほぼ間違いなく対応するでしょう。 次期iOSの概要が発表される6月のソフトウェア開発者会議WWDC(World Wide Developers Conference)で広く仕様が公開され、秋のサービスインに向け各社がどのように対応していくか。 さらなる続報が待たれます。

Apple TV+

Appleの本気?ビデオ配信サービスを従来のApple TVだけから、アプリ化してすべてのApple製品で使えるように。秋にサービス提供開始です。 まだちょっとtv channelsとtv+の情報がよくわかっていませんが、Apple TV関連ということでひとまとめにしています。 大きな特徴は
  • 独自のドラマ、ドキュメンタリー番組も提供
  • 家族でシェア可能
  • Huluなどの各社のVODサービスも1つのTV+アプリで視聴可能(ただし契約はチャンネル毎?)
  • DirecTVやHBOなどケーブルテレヒ用の番組も視聴可能に(同じく契約はチャンネル毎?)
  • 広告非表示
  • オフラインでの視聴も可能
  • TV+アプリはSONY、LGなどの一般テレビ、またAmazon FireStickなどでも利用可能に
というところでしょうか。 家族の人数が多ければリーズナブルにVODが見れるようになるかもしれませんね。 独り身の人だと、、、専用受像機、テレビが必要なケーブルテレヒの契約を見直せる可能性があります。 Apple TV+も日本のアップルのサイト記載されているので日本でも利用可能になるでしょう。 ただ、日本の場合はさまざまなしがらみ、最低限日本語字幕など日本語対応が必要なことから、すべてのサービスを使えず、一部だけ利用可能になるんじゃないかと推測しています。 私自身はアニマックス、日テレG+(NASCAR、motoGP)、GAORA(IndyCar、テニス)が見れれば十分なので、この辺がカバーされると嬉しいですね。 果たしてどうなるのか?これまた続報を待ちましょう。

今回のスペシャルイベントを見て感じたこと

今回のApple Special Event, March 25 2019を見て感じたことは、
  • News+、Arcade、TV+はiPhone、Mac、Apple tvのいずれでも使えるのが特徴的
  • 定額サービスによる収入安定化、コンテンツビジネスの強化の方向性がより鮮明に
  • tv+で何人ものクリエイター、スターが生出演してAppleへの協力、番宣したのが印象的
  • 日本のサービス提供開始に不安を感じた
でした。 Appleのハードウェア、特にiPhoneの価格がどんどん高くなってることで、ハードウェアビジネスの限界も見えてきていることから、よりソフトウェア、、、というよりコンテンツビジネスに力入れてきていると感じました。 ここで一番不安となるのは、日本の英語力のなさ、既存の利害関係の対立によるサービス提供開始可否か不透明なこと。 日本も国際社会の一員として、最初のコンテンツリリースから対応してもらいたいところです。 いずれにしても今後が楽しみになってきました。 また、続報が入ったら個人的な見解を含めて紹介します。 では、今回はこの辺で。]]>