iPhone 7 Plusのフルバックアップができない

iPhone 7 Plusを譲るためにiTunesで完全パックアップ取ろうと思って「今すぐパックアップ」ボタンを押したら、ディスクの空き容量が足りないと言われました。 私が使用しているiMacは256GBのSSDモデル。 なので、1万曲以上あるiTunesのライブラリは外付けUSB-HDDに変更してあります。

デバイスのバックアップの保存先の確認

えーっ。と思って、iOSデバイスのバックアップフォルダを調べてみると、iTunesライブラリの場所とは異なりローカルディスクに保存されていることが判明しました。 [デバイス環境設定]→[デバイス]の「デバイスのバックアップ」でデバイスを右クリックして「Finderて表示」を選択すると、、、 ローカルディスク上の /Users/ユーザ名/Library/Application Support/MobileSync/Backup であることが判明。 前に書いたように私のiMacのディスク容量は256GB。空き容量が50GBしかないため、200GB以上を使用しているiPhone 7 Plusのアプリや写真も含めたフルバックアップを保存するには空き容量が足りないのも当然です。

デバイスのバックアップの保存先を変更する

※以下の作業は呪文だと思われる方、スワヒリ語だと思われる方は実施しない方が無難です。分かる方にやっていただくことを強くオススメします。 1.ターミナルを起動する 2.cd Library/Application\ Support (※ディレクトリの指定は[TAB]キーで補完することをオススメします(以下同)) 3.mv MobileSync /Volumes/USB-HDD名/Library/Application\ Support (※USB-HDD名は接続された外付けUSB-HDD名を指定します) (※USB-HDD名の先のディレクトリ名は他のフォルダ名でも構いません(混乱を避けるために同一フォルダ構造にすることを強くオススメします)) (※バックアップが存在する場合、プロンプトが戻ってくるまで時間がかかる場合があります) 4.ln -s /Volumes/USB-HDD名/Library/Application\ Support/MobileSync . (※行末の「.」(ピリオド)を忘れずに) 5.ls -al MobileSync (※MobileSyncがシンボリックリンクで/Volumes/USB-HDD名/Library/Application\ Support/MobileSyncにリンクされていることを確認します) 6.Finderで/Users/ユーザ名/Library/Application\ Support/MobileSyncを表示しようとすると/Volume/USB-HDD名/Library/Application\ Support/MobileSyncが表示されることを確認します。

おわりに

ということで、私のiMacにはほとんどiOSのバックアップがありません。 iPhoneのストレージ容量がどんどん大きくなるにつれ、バックアップサイズもどんどん大きくなります。 今回の方法で外付けUSB-HDDや共有ドライブを指定することにより、Macのローカルディスクの容量を気にすることなくバックアップが出来るようになります。 しかしながら、それでも保存先のディスクは消費するので、保存先でそれなりのディスクの空き容量が必要となります。 また、ローカルのSSDディスクから外付けUSB-HDDやネットワーク上の共有ドライブに変更、保存すると、バックアップの時間が余計にかかります。 約200GB使用しているiPhone 7 Plusのパックアップを取ったら、ディスク容量を約270GB消費し、2時間ぐらい時間がかかりました。 フルバックアップ(完全なバックアップ)は注意した方がよいですね。 普段はiCloudにバックアップしておき、最重要なものだけをローカルなディスクに保存するのが良いでしょう。 では、今回はこの辺で。 [buttons]]]>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.