de-gucci.com

新しいモノが大好き、知るコトが大好き、楽しむコトが大好き♪

【神楽坂ランチ】神楽坂 鳥半 – 初めて見る親子丼

今日も新規店開拓だ。ということで、あまり歩いたことない方面の探索をしていると…

男らしく?「親子丼」とだけ書かれたランチメニューを出しているお店を発見。入ってみることにしました。

名物 親子丼

そこで出された親子丼は想像を超えていました。

静かな通りにあるお店

神楽坂 鳥半は、神楽坂のメインストリートである早稲田通りと平行する1本外れた通りにあります。

外観

結構年季の入ったお店のようです。

看板?

お高そうな雰囲気があります。ですが、YAKITORI という文字にモダンな部分もあるのかな?という印象も。

看板

紀州備長炭使用店とのことで期待が高まります。

紀州備長炭使用店

ということで、店内に入ってみます。

 

落ち着いた店内

店内に入ってみると、ゆったりとした空間に10席ちょっとのカウンターがありますが、他にお客さんはおらず端から順番に。という感じで手前の一番端の席に案内されてしまったため、奥の方はよくわかりませんでした。

店内

BGMにジャズが流れており、ダウンライトの照明と相まって落ち着いた雰囲気の店内です。

お盆はセット済

焼き鳥屋さんらしく、焼き鳥のメニューが並んでいます。が、値段などは書いてありません(笑) 夜は良いお値段しそうな感じです。

焼き鳥メニュー

「親子丼だけとなりますがよろしいですか?」ということで、表の看板のとおり親子丼を注文し親子丼が来るのを待ちます。

待っているとお茶と先出しのものが出てきました。

先出し

筑前煮。

筑前煮

香の物。

香の物

お茶。

お茶。

注文してから、調理人の方は炭の台に網を置いたところに、鳥の胸肉?の塊をドン・ドンと置いて焼き始めました。

第一印象は、「えっ?あの鶏肉、人数分?結構ボリュームあんじゃね?」

じっくり炭火で焼くので10分ぐらいかかります。待っている間にお腹が空いてきます。

目の前には、黒七味とひょうたん型の入れ物に入った山椒。そして つまようじ があります。

薬味、楊枝

予想を超えた親子丼

待つこと10分ちょっと。出てきました!親子丼。

親子丼 全景

出る直前に裏方の人に「お願いします」とだけ言うと、調理人の方は焼いた鳥肉を切り始めます。「えっ?」

すると、裏からご飯にだしで溶いた玉子の餡が載った丼が出てきて、その上に鳥肉を載せ、薬味をかけて、「どうぞ」と…「えっ?」

親子丼

初めて見る親子丼にびっくり。でも明らかにおいしそうです。

親子丼 近影

一緒に出された鳥スープが具だくさんで、生姜が効いててこれがまた良い感じです。

甘じょっぱい玉子の餡と香ばしく焼かれた鳥肉が絶妙なマッチをしていて、とてもおいしかったです!!

お値段は税込1,000円。結構ボリュームもあり、コスパも良かったと思います。

お店情報

「神楽坂 鳥半」
住所:東京都新宿区津久戸町4-1 ASKビル 1F
電話:03-3266-0291(問合せ)050-5869-2560(予約専用)
営業時間:11:30-14:00、17:00-23:00
定休日:日曜日

The following two tabs change content below.
コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。 Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。 インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。 グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪ 夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪ 詳細なプロフィールはこちら

コメントはこちらへ

*
*
* (will not be published.)

Return Top