de-gucci.com

新しいモノが大好き、知るコトが大好き、楽しむコトが大好き♪

神楽坂 翔山亭 和牛贅沢重専門店で久々に全部のせの松をいただく

神楽坂 翔山亭 和牛贅沢重専門店で久々に全部のせの松をいただく

2017年1月30日。KILC(神楽坂-飯田橋ランチ倶楽部)部活動報告。久しぶりに神楽坂 翔山亭 和牛贅沢重専門店さんへ。

店舗のご紹介|翔山亭 贅沢重 神楽坂店 – 和牛一頭焼肉手打冷麺
和牛1頭買いの最高品質、ゆったりと贅沢な個室でおもてなしする焼肉料亭 神楽坂 翔山亭 本館 別館茶寮 神楽坂



神楽坂 翔山亭 和牛贅沢重専門店

正式名称はこれでいいんだろうか、、、と毎回思うんですが、名刺にもそう書いてあるので間違いないんでしょうね。

先輩がお休みのところ同僚が「牛丼の店行きましょうよー」と声をかけてくれたので神楽坂 翔山亭 和牛贅沢重専門店さんを訪問。

行灯がついているとお店やってることが遠くからわかって便利。

通りにも、メニューとこだわりが書いてあります。お店の中が見えないのでココから判断するしかないですもんね。



お品書き 黒毛和牛贅沢重

メインメニューはいたってシンプル。梅はメインの牛丼?のみ。竹は梅にローストビーフが付いたもの。松は竹にサーロインステーキがついたもの。ただし、松と竹には支出しがつきます。

こだわり

お肉は冷凍されていないこと、A4グレード以上のお肉を使っていること。そして化学調味料を一切使っていないことがこだわりです。

お茶も普通の緑茶ではなく、ごぼう茶を使っているのがこだわり。



食事

席につくとお漬物と黄身だれが出てきます。

そして、今回は松を頼んだので支出しとして牛の握りが。これかウマいんです♪

ほどなくして出てきました。

左手前が松だけのサーロインステーキ。左奥が松竹で付くローストビーフ。そして右側が牛丼?です。

ちょっとした薬味がついてくるのもこだわりがあればこそ。

今回は赤だしも註文してたのでフルセットです。これがまたシンブルで美味しい。



いただきます

丼は3つの食べ方を楽しむことができます。

1.まずはそのまま食べる
2.黄身だれを溶いて、肉をつけて食べるか、丼にかけて食べる
3.お椀に取り分けてお茶漬けにして食べる

お茶漬けの具材はカウンターに置いてあります。

落ち着いた店内でゆったりと3種類の丼の食べ方を楽しむ。

たまにはそんな時間を持つのも良いのではないでしょうか。

それでは、今回はこの辺で。

 
おもしろい!参考になった!という方は、よろしければはてなブックマークしていただけるとでぐっちが喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

神楽坂 翔山亭 和牛贅沢重専門店 はどこにあるの?

The following two tabs change content below.
コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。 Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。 インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。 グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪ 夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪ 詳細なプロフィールはこちら

コメントはこちらへ

Return Top