de-gucci.com

新しいモノが大好き、知るコトが大好き、楽しむコトが大好き♪

プラグイン「Post Snippets」で繰り返し使用する文章・コードをスニペット化し、ショートコードとして文章に埋め込もう

何度も繰り返し使う定型文やあとで変更するかもしれない広告のコードなどを、その都度入力したり、コピぺしていませんか?

WordPressのプラグイン、Post Snippetsなら定型文やコードをスニペットとして登録し、ショートコードで記述することができるようになります。

短いショートコードで記述することで、入力時間を軽減したり、投稿画面から1つ1つその場所を探して修正するのではなく、1ヶ所で管理することができるようになります。結果、変更・修正の抜け漏れをなくせますよ。



Post Snippetsのインストール

1.WordPressのダッシュボードから「プラグイン」をクリックします。

2.ブラグイン画面で「新規追加」をクリックします。

3.検索欄で「Post Snippets」と入力します。

4.表示された「Post Snippets」で「今すぐインストール」 をクリックします。

5.Post Snippetsプラグインがインストールされるので「有効化」をクリックします。

6.プラグイン一覧に「Post Snippets」が表示されることを確認します。



Post Snippetsの設定

Post Snippetsの管理画面を表示するには 「設定」→「Post Snippets」の順にクリックします。

Post Snippets管理画面が表示されます。

「Manage Snippets」タブではスニペットの追加・修正・削除など、スニペットの管理を行います。

「Options」タブはそのままで構いません。

「Import/Export」タブは作成したスニペットのExport(保存)やImport(取り込み」を実施することができます。Export/Importにより、バックアップや、他のサイトでの流用などが可能となります。

スニペットを作ってみよう

準備ができたところでスニペットを実際に作ってみます。

1.Post SnippetsのManage Snippetsで「Add New Snippet」をクリックします。

2.上部に「A snippet named Untitled has been added.」と表示され、新しいスニペットを作成できる欄が追加されます。

3.Titleにスニペットの名称、「Shortcode」にチェックを入れ、Snippetに定型文やコードなどを記述し、「Update Snippets」をクリックします。

4.上部に「Snippets have been updated.」と表示されます。

5.スニペットを追加するには、「Add New Snippet」をクリックし、Title欄にスニペット名を入力し、「Shortcode」にチェックを入れ、Snippet欄に定型文やコードを貼り付け、「Update Snippets」をクリックしてスニペットを作成します。



スニペットを文章内で使ってみよう

作ったスニペットを文章内で使ってみます。

1.WordPressのダッシュボードで「投稿」「新規作成」をクリックし、投稿画面を表示します。

2.文章を作成し、文章内にスニペットを埋め込みます。スニペットはショートコードを指定しているので、Title欄で指定した文字列を[、]で囲ったものとなります。

3.ブラウザで表示してみます。ショートコードが置き換えられ、文字列や広告が表示されます。

4.ブラウザでソースコードを表示すると実際に置き換えられているのを確認できます。

今回は記事文中にスニペットを記述しましたが、ウィジェットにも記載することができます。

決まり文句やURLリンク、広告コードなど、複数回表示するものは1度スニペットとして登録してしまえば、短いショートコードで呼び出せるので手間を削減することができます。

スニペットを修正する

URLのリンクが切れてしまった場合や広告コードの取扱を止めてしまった場合、あるいは、同じ位置に別の文章や別のリンク、コードを貼り付けたい場合には「Post Snippets」の当該スニペットとSnippet欄を書き換えて「Update Snippets」をクリックします。

1.表示をやめたい場合は全角スペース1つにします。(※完全にSnippet欄を空欄にしたり、半角スペースだと、ショートコードが置き換えられずそのまま表示されます)

2.「投稿」「投稿一覧」から修正したスニペットが含まれる記事を表示し、「更新」ボタンをクリックします。

でぐっち
スニペットは記事の「公開」「更新」「下書きとして保存」ボタンをクリックしたタイミングで反映されるようで、「Post Snippets」で「Update Snippets」ボタンを押しただけでは内容が記事に反映されませんでした。

3.ブラウザで表示してみると、空白に置き換えられています。

4.ソースコードを表示してみると全角スペースに置き換えられています。



おわりに

スニペットを更新しただけでは記事に反映されなかったのはちょっと誤算でしたが、それでも複数回使いまわすような場面では大幅に作業を短縮できるはずです。

もしかするとキャッシュの関係や私個人の環境だけかもしれませんので、まずは実際に試してみることをオススメします。

活用してみてくださいね。

では、今回はこの辺で。

 

The following two tabs change content below.
コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。 Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。 インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。 グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪ 夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪ 詳細なプロフィールはこちら
Return Top