日清の京うどん。こだわり素材シリーズがパッケージリニューアルして登場。きざみ揚げと利尻昆布のだしがスッキリとしていて美味しい

2017年8月10日。月曜日にバッケージがリニューアルされた「日清の京うどん」をいただきました。

日清の京うどん

「日清の京うどん」は日清のこだわり素材シリーズの中のひとつ。

今回、担々麺と雲呑麺が追加されたんですが、いままで発売されていた江戸そば、京うどん、カリーうどんもパッケージがリニューアルされました。

本当は雲呑麺を食べたかったんですが見つけることができなかったので、まずは京うどんから。

パッケージ

京都をイメージしているだけあってお上品なパッケージとなっています。

こだわりの素材は「京風きざみ揚げ」「利尻昆布」「丸大醤油100%」。

原材料と成分表。気になるカロリーは279kcal。

注意しなければいけないアレルギーは小麦、乳成分、豚肉、大豆、ゼラチンです。ゼラチンはどこに入ってるんだろう、、、

上フタを開けるときざみ揚げがドーンと迫ってきます。数も多い。一枚の大きな揚げもいいですが、食べやすいきざみ揚げもいいですね。

いただきます

お湯を入れて待つこと3分。上フタを開けるとお揚げがいい感じで戻ってます♪

いただきます♪

関東のような醤油が主体ではなく昆布のだしがベースとなっているスープと個人的にはペラペラかなと思うけどカップ麺だしね…と思ううどんとのパランスがいい!

きざみ揚げも甘くなく、昆布だしを吸ってボリュームが増え、個人的に好みな味となっています。

今度は雲呑麺にも挑戦してみたいです。

では、今回はこの辺で。

 
The following two tabs change content below.
コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。 Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。 インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。 グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪ 夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪ 詳細なプロフィールはこちら
WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com