de-gucci.com

新しいモノが大好き、知るコトが大好き、楽しむコトが大好き♪

ルヴァンチーズサンドのピリ辛チェダーチーズ(YBC)はちょっと辛めな大人の味。ビールと一緒に食べたくなる!!

2017年8月23日。いつものローソンでルヴァンチーズサンドのピリ辛チェダーチーズの存在に気づいてしまったので買ってみましたよ。

ルヴァン チーズサンド

ルヴァンって何?、あるいは突然出てきた気がするって思いませんか?YBCって何?って思う人もいるかもしれませんね。

じゃぁ リッツはどうでしょう?赤い箱のリッツ(RItz)、丸いクラッカーのリッツ。リッツは知ってる人も多いんじゃないでしょうか?

実はリッツ は以前、日本ではヤマザキナビスコが製造販売していたんですが、ナビスコブランドのライセンス契約が2016年8月末に終了し、リッツはナビスコが直接製造販売するようになりました。

それに伴ってヤマザキは今までのリッツを作っていた経験を活かして、ヤマザキビスケット(YBC)としてルヴァンの製造販売を開始した。というのがルヴァン誕生の経緯です。

さすがにまったく同じものを。というわけにはいかないようで、リッツが丸いのに対してルヴァンは正方形の角を落とした四角い形、味の方もちょっと変えています。

ちなみに「ルヴァン」とはルヴァンおいしさのひみつによると、

YBC
ルヴァンとはフランス語で「発酵種」の意味です。
小麦のうまみと、やさしい甘さ。さっくりとした食感が心地良い芳醇な薫りのクラッカーです。

とのこと。

リッツチーズサンドのヤマザキビスケット版がルヴァンチーズサンドという位置づけです。

ルヴァンチーズサンド ピリ辛チェダーチーズ

ルヴァンチーズサンド ピリ辛チェダーチーズは2017年7月10日にコンビニ限定で香ばしいパルメザンチーズと共に発売された新製品です。YBCの新製品情報を見ると、

YBC
【ピリ辛チェダーチーズ】
ハラペーニョの辛味とチェダーチーズの旨味があとひく美味しさです。
※製品中チーズ10%(生換算)チーズ中にチェダー60%使用

となっています。

今回買ったローソンには置いてありませんでしたが、香ばしいパルメザンチーズも気になりますね。

パッケージ

縦型のパッケージ。

ビールにもよく合いそうですね。

原材料名など。アレルギーは小麦、乳成分、大豆、鶏肉、豚肉に注意です。また、気になるカロリーは1パックあたり394kcal。

上面と下面はこんな感じ。

縦置きメインですが、横置きにした場合のことも考えられています。

開封

フタを開けるとアルミ包装されたルヴァンが出てきます。

中身を取り出してみるとパッケージとほぼ同じ実物が入っています。

ハラペーニョが入ったクラッカー。

めくってみるとこんな感じ。小さなつぶつぶがハラペーニョなのかな?かなり細かく挽いてある?ようです。

いただきます

うん。チェダーチーズの濃い味がドーンと来たあと、後からほんのりとハラペーニョの辛さが。

思ったよりも辛くはなくピリっと来る程度です。これはビールやお酒が進みそう♪おいしー。早朝のオフィスということでビールを飲めないのが残念。

今回、ピリ辛チェダーチーズを食べてみて、もう一つの新製品、香ばしいパルメザンチーズも食べてみたくなりました。どこかでうってないかなー。探してみよう♪

そして、普通のルヴァンにいろいろトッピングを載せる、オン・ザ・リッツならぬオン・ザ・ルヴァンも食べたくなりました。バーティーしましょう!

では、今回はこの辺で。

 

The following two tabs change content below.
コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。 Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。 インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。 グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪ 夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪ 詳細なプロフィールはこちら
Return Top