浜松餃子むつぎく(浜松)でキャベツたっぷりの浜松餃子らしい餃子をいただきました!

2017年8月24日。浜松でセミナーに参加した後のプライベートタイム、浜松餃子の有名店「むつぎく」に行ってみました!

浜松餃子

昔はそんなこと言ってたっけ?って感じですが、いつの頃からか餃子消費量が宇都宮か浜松か?という二大バトルになっていて、浜松といえば餃子が有名になってます。

宇都宮が豚ひき肉多め、白菜が入ってる。というのに対して、浜松の餃子は野菜多め、中でもキャベツが多め。という違いがあります。

さらに円形に餃子を並べて真ん中にもやし。というのが正統派の浜松餃子のスタイルと言われています。

以前、友だちに連れられて石松餃子の本店?に行ったことがあるんですが、円形になってなかったのが残念でした。

浜松餃子 むつぎく

JR浜松駅から徒歩数分のところにある「浜松餃子 むつぎく」さんはそんな正統派の浜松餃子で有名なお店。

18時近くに行ってみると行列が伸びてます。

一瞬どうしようか考えたんですがせっかくの機会なので並ぶことにしました。

餃子のお店ではありますが専門店ではなく、ラーメンや一品料理などもメニューに並んでいます。

営業はお昼の部(11:30-14:00)と夜の部(17:00-21:00(平日)20:30(休日))の二部構成になっています。

今日は6人組7人組などのグループが多いらしく、ここまでで40分待ち。

どうやらむつぎくさんは創業55周年のようです。おめでとうございます!!

本当は6人組のグループさんがいたんですが、1人分のカウンター席が空いたらしく、先に案内していただきました♪

メニュー

ラーメンとかあるけど、餃子のスペースが大きい。4個240円で8個から20個まで一皿に盛ってもらえるようです。

できるだけ回転率を上げるため、席に着く前に1回、席についた後追加オーダー1回の計2回の注文ができます。

餃子のタレ、コショウ?、つまようじ、唐辛子、そしてお箸とティッシュが置いてあります。

奥のフライパンで餃子がどんどん焼かれています。驚いたのがその場で餃子を包みながら作っていたこと。おばちゃんがいなかったらどうなるんだろう…

店名入りのビールのポスターが貼られています。

餃子 大(16個)

うほっ!フライパンのフチに沿って並べられ焼かれた餃子♪真ん中にもやしが!!

形が不揃いなのがその場で手作りされてる証♪

生ビールとよく合いそう♪

では、一人でカンパーイ♪

バリッと焼かれています♪具は少なめです。

ほとんどがキャベツの餃子。でも肉の味もします。これはウマい!どんどん箸が進む、、、

あっという間に減っていきました。他の店に行く予定がないんだったら40個は軽くいけます。ってか、それくらい食べたい!!

今回はあとがつかえてたので、もう1回の注文ができなかったのが残念。美味しかったなー♪

ごちそうさま

最後にお会計をすませてお店を出ます。

行列ができるだけの理由があるお店だと思いました。

個人的には実家の餃子、宇都宮の正嗣までには及びませんが、浜松来たらまた立ち寄りたいと感じたお店でした。行列は勘弁だけど、、、

では、今回はこの辺で。

 

餃子むつぎく はどこにあるの?

The following two tabs change content below.
コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。 Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。 インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。 グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪ 夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪ 詳細なプロフィールはこちら

Bio

でぐっち

コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。
Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。
インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。
グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪
夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪

詳細なプロフィールはこちら

If you like this article,
Let's press like button

We will deliver up-to-date information for you