de-gucci.com

新しいモノが大好き、知るコトが大好き、楽しむコトが大好き♪

soba dinin和み(神楽坂)のランチメニューが変わってた!選べるおにぎり2つと一品料理1品のAセットがダンゼンおトク♪

2017年10月5日。KILC(神楽坂-飯田橋ランチ倶楽部)部活動報告。最近ずっとランチセットおにぎりなんだよなー。と先輩と話ながらsoba diningなごみさんへ。

soba dining 和み

soba dining 和みさんはちょっと表通りから入った芸者小道沿いにあるおしゃれなおそば屋さん。

通りの前に置いてあった小さな行灯の上に「新そば打ち始めました」の文字が♪

そして、今日のランチセットは何かなー?と思って見てみると「やっぱおにぎりか」と思ったんですが、上のメニューを見てみると、、、

「あっ。ランチメニュー変わってる。A・B・Cのセットの中から選べるようになっている」ってことに気づきました。いつからなんだろう?もう何回も前は通ってたんですけどね。

隣には、以前は貼り出されてなかっかような気がするお店の案内。

天丼も選べるんだー。ということで、和みさんでランチすることにしました。

外観

和みさんは2階にあるお店ですが、昔ながらのそばのお店ではなく、モダンなバーのような雰囲気の外観となっています。

でも、和のテイストもちゃんと取り入れられててとってもセンスが良いお店だと思っています。

ランチメニュー

改めてランチメニュー。Aセットは+100円で選べるおにぎり2つと日替り一品料理1つ。Bセットは+150円で選べる日替り一品料理3つ。Cセットは+250円でミニ天丼です。

その選べるおにぎりと一品料理の内訳がこちら。おにぎりはしゃけ、梅、おかか、こんぷ、明太子の中から1つ。一品料理は天ぷら、ポテトサラダ、出汁巻きたまご、生野菜サラダから選択可能です。

二色そば + Cセット(ミニ天丼)

今回は天丼食べたいなー。と思ったので二食そばにCセットのミニ天丼にしました。

そばはシルクと赤米の2つが半分ずつ。

モダンな作りのお店ですがそばはクラシカル?そば粉の香りをしっかり感じることができる美味しいおそばです。

残念ながら打ち立てではありませんが、注文してから1つ1つ茹でて氷水にさらしてから盛って出してくれます。

二食そば限定なのがオリープオイルと胡椒・山椒を混ぜたソース?がついてくること。「半分ぐらい普通にそばを食べた後に入れると味変わって楽しめますよー」と案内してくれます。

センスのいい器。

そしてそばつゆは量をコントロールできるよう別の容器に入って出てきます。

Cセットのミニ天丼。かぼちゃ、ししとう、まいたけ、海老と4つの揚げたての天ぷらがちょっと甘め、だけど甘すぎないタレがかけられてご飯の上に載って出てきます。

注文してから1つ、1つ揚げる天ぷらはアツアツでおいしいんです。

いだだきます

そばをつゆにつけて半分いただいた後、お店の方の言うとおりに、オリーブオイル+胡椒+山椒のタレ?を入れてあげます。

ほんのちょっと2、3滴入れただけなのに、つゆがまろやかになった上に、胡椒、山椒のスパイスがピリっとアクセントとなって美味しい♪

ほかのそばでも出してくれれはいいのに。と思うけど、バランスとかいろいろ考えてのことなんでしょうねー。

ごちそうさま

二食そばもミニ天丼もおいしくペロリと瞬殺だったんですか、先輩や他の方のAセットを選んでいるのを見て、「もしかしてしくじった?」なんて思ってしまいました。

おにぎりも女将さんが注文を受けてから容器のアシストはあるけど最後は1つ1つ手でにぎってくれるし、一品料理もおいしそう。

特に天ぷらは他の方が注文されていたのを女将さんが揚げるところから見ていたらミニ天丼と同じ4種の天ぷらを揚げていました。

海老がちょっと小ぶりのような気がしなくもないけど、ご飯の量はミニ天丼とおにぎり2つで同じぐらいかむしろ握ってる分おにぎりの方が多いような気がしないでもありません。

それで、Aセットがプラス100円で済むっていうのは、ダンゼンおトクでコスパがいいと感じました。

後でAセットにすればよかったかな。と半分後悔気味に感じるくらい。

なので次回はAセットを頼んでみようと考えています。

では、今回はこの辺で。

 

The following two tabs change content below.
コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。 Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。 インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。 グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪ 夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪ 詳細なプロフィールはこちら

コメントはこちらへ

*

Return Top