macOS High Sierra 10.3.3リリース。不具合の修正の他に多数のセキュリティの更新も。更新することをオススメします。

2018年1月24日。iOS11.2.5のリリースに合わせてmacOS High Sierraも10.13.3がリリースされたので早速入れてみましたよ。

Apple製品を使っていることの最大のメリットはAppleがパソコンもスマホもタブレットも家庭用製品も全部1社でハードウェアもソフトウェアも面倒見ていること。

もちろんこれにはいい面もあれば悪い面もあるんですが、ちゃんとした開発を継続的にやってくれているのであれば、良い面の方が圧倒的に多いです。

現在Appleが開発を進めているHomePodが販売開始間近なのかiPhone/iPad用のiOS、MacBook/MacBookPro/iMac用のmacOS High Sierra&iTunesが一斉にHomePod対応としてアップデートされました。

macOS High Sierra については 10.13.3 になります。

macOS High Sierra 10.13.3 に上げるべき?待つべき?

今回のアップデートはマイナーバージョンアップデートで、安定性の向上とセキュリティ問題への対応です。

特にセキュリティについてはmacOS Sierra(10.12)、macOS El Capitan(10.11)のセキュリティ更新も同時にリリースされています。

なので、速やかにアップデートすることをオススメします。

私も自宅のiMacとモバイル用のMacbookの両方にインストールしてみましたが、特に問題は発生していない状況です。

macOS High Sierra 10.13.3 アップデートの内容

iTunesに出てくる情報は「メッセンジャーの会話の表示が一時的に乱れることがある」という1点のみですが、公式サイトの英語の情報では「SMBサーバで接続時に反応が止まることがある」という情報も掲載されています。

公式情報はこちら

About the macOS High Sierra 10.13.3 Update

 

加えてセキュリティ関連の更新情報を見るとかなりたくさん修正されています。

公式サイトはこちら

About the security content of macOS High Sierra 10.13.3, Security Update 2018-001 Sierra, and Security Update 2018-001 El Capitan

おわりに

Macもメジャーになるにつれて、悪意ある攻撃者の対象になりつつあります。

セキュリティの更新はすみやかに行うことをオススメします。

では、今回はこの辺で。

 
The following two tabs change content below.
コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。 Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。 インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。 グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪ 夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪ 詳細なプロフィールはこちら
WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com