羽田空港国内線ターミナル駅からゲート7番の飛行機に乗る

2018年2月10日。朝から飛行機に乗って出かけます。最寄り駅が京急線なので、京急でエアポート快速羽田空港行きで、羽田空港国内線ターミナル駅へ。

第一ターミナル、第二ターミナル共に同じ駅になり、先頭車両はANA系の第二ターミナル、後方車両はJAL系の第一ターミナルへの改札となります。

注意しなければ行けないのは、横浜方面から直通で羽田空港に行くと進行方向が京急蒲田駅で反対になること。

先頭車両に乗ったのに着いたら後方車両になっていた、、、なんてことが良くあります。中ほどに乗ればどっちも同じ距離になるので心配なら真ん中車両に乗るのが無難かもしれません。

今回はJALなので第一ターミナル方面の出口を利用します。

ちなみに万一間違えたとしても、400mの連絡通路を歩くか、連絡バスで第一、第二ターミナル間を移動することが出来ます。

第一ターミナルは北海道・東北方面は北ウイング、九州・関西方面は南ウイングと分かれているので注意してください。

とは言っても、間違えて逆のウイングから入ってしまっても歩いて行き来出来るのでご安心を。

今回の徳島行きの飛行機は南ウイング7番ゲートから出発です。

保安検査場は6つあり、A、B、Cが南ウイング用、E、F、Gが北ウイング用となっています。

国内線は15分前までに保安検査場を通過しなければならないので注意してください。

6時20分ごろでしたが、すでに結構並んでました。

今回、カードラウンジを利用したんですが、こちらも結構人が入ってました。詳細は別ブログで。

保安検査場Cからだと結構歩いて7番ゲートへ。

JALは現在搭乗を(1)ハンディキャップのある方、小さなお子さんのいる方、(2)JGCなど優先搭乗の権利を有している方、(3)後方座席の方、(4)全員の4つに分けてました。

J-Classは前方座席なので、優先搭乗の権利がなければ一番最後の搭乗になります。

QRコードをかざして飛行機へ。

結構空いてから入ったんですが機内に入るには行列が出来てました。

10分前だったんですがあと5分近く遅くても大丈夫だったかも。

Wi-Fiが使えるのがありがたいです。

J-Classは満席。

まぁ、ちょっと席が広いかな。っていうくらいでシートの下にリュックを入れたんですが2人がけは奥行きがなくほとんど入りませんでした、、、

無事に飛んで富士山も見えました!

さて、今回はどんな旅行になるのか?楽しみです!

では、今回はこの辺で。

The following two tabs change content below.
コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。 Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。 インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。 グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪ 夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪ 詳細なプロフィールはこちら

Leave a Reply

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com