macOS High Sierra 10.13.3 追加アップデートリリース。とりあえず更新しましょう。

2018年2月22日。macOS High Sierra 10.13.3の追加アップデートがリリースされていたのでインストールしました。リリースされたのは2018年2月19日か20日。マジか、、、

macOS High Sierra 10.13.3 追加アップデート 更新すべき?待つべき?

修正されている内容は(インド語の)特定の文字列を受信するとアプリがクラッシュする。というもの1つ(CVE-2018-4124)だけのようです。

が、セキュリティの脆弱性を突いたものなので、修正しておいた方が良いと思われる更新です。

更新を待つ理由はありません。更新しちゃいましょう!

macOS High Sierra 10.13.3 追加アップデート 更新内容

2018年2月20日のmacOS High Sierra 10.13.3 追加アップデートで更新されている内容は次の画像の通り。

公式サイトの情報はこちら

macOS 10.13.3 追加アップデート 更新手順

1.「App Store」アプリを起動します。

2.「アップデート」をクリックします。

3.ソフトウェア・アップデート、macOS High Sierra 10.13.3追加アップデートが表示されていることを確認し「アップデート」ボタンをクリックします。

4.再起動が必要となることを確認し「ダウンロードして再起動」ボタンをクリックします。

5.ダウンロードが完了すると下記のような画面が表示されるので60秒待てない場合は「再起動」をクリックします。

6.自動的に再起動&インストールが実施され、ログイン画面が表示されれば更新は完了です。

 

The following two tabs change content below.
コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。 Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。 インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。 グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪ 夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪ 詳細なプロフィールはこちら
WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com