de-gucci.com

新しいモノが大好き、知るコトが大好き、楽しむコトが大好き♪

Galaxy Gear 360 単体で、360度静止画を作成、アップする方法。Galaxy スマホがなくても大丈夫♪

160720-0003.jpg

喜び勇んで Galaxy Gear 360 を買ったものの単体だけでは 360度静止画をパソコンやスマホで見たり、Facebook などの SNS に投稿できない?

当初、そんな気がしていたんですが、リアルタイムでの投稿はできないものの、パソコンで画像を加工することで、360度静止画見れるようになりましたので、備忘録も兼ねてやり方を紹介します。

 

Galaxy Gear 360 単体では、360度静止画を作成、アップできない!?

Galaxy Gear 360 が発売されましたが、Android アプリ「Gear 360 マネージャ」がないと、いくつかの操作ができません。

その中の一つが、360度静止画、動画のリアルタイムでの取り込み、SNSなどへのアップロード。

 

が、この Gear 360 マネージャは Galaxy s7/edge、s6/edge/+、Note 5 のみにしか対応していません。

160720 0018

この事実を知ったとき、iPhone & Mac 使いの私は絶望しかけましたが、リアルタイムはムリなものの、microSD カードから Mac にファイルを取り込めばいいんじゃないの?

そう考えました。実際、microSD カードには jpg ファイル、mp4 ファイルとして保存されていたので、ホッ。と一安心。これでアップできる…

 

しかしながら、そうは問屋が許さない。Galaxy Gear 360 はフロントカメラ、リアカメラの2つのカメラを用いての全天球カメラです。

Gear 360 side

カメラそのものは独立しており、作成された jpg ファイルは単純に画像を横に2つ並べた状態で1つのファイルになっているだけです。

360 0003

 

そして、そのままでは Facebook に投稿しても上記の画像のようなままの状態で表示されるのみで、360度静止画としては表示されません。

360度静止画とするには、この2つの横並びの画像のフチを内向きに1つにくっつける。イメージ的にはそんな加工をする必要があります。

 

残念ながら、2016年7月19日現在、Samsung からはそのようなツールは提供されていません。

どうすればいいんだろう?と思い悩んでいたところ、Facebook の友人より、同じ2つのカメラを持つ全天球カメラ、RICOH THETA と同じようにすればいいんじゃないの?という助言をもらい、友人に紹介していただいた、下記のブログ記事を参考に、試してみたところうまくいくことが判明したので紹介します♪

ばんかさん、ありがとうございますm(_ _)m

 

手順としては、

  • RICOH THETA アプリのインストール
  • 360度静止画の作成
  • Facebookへの投稿

となります。

 

RICOH THETA アプリのインストール

ありがたいことに RICOH THETA のアプリは無償公開されています。

次のURLにアクセスします。
https://theta360.com/ja/support/download/

「パソコン用アプリケーション」の「基本アプリ」をダウンロードします。

今回の私の環境は Mac なので、Mac用の基本アプリの「Download」をクリックして、ファイルを保存します。

160720 0002

SphericalViewer.dmg というファイルがダウンロードされているはずなので、ダブルクリックしてマウントし、中身を表示します。

160720 0005

Install RICOH THETA.app というインストール用のアプリがあるので、ダブルクリックします。

160720 0006

確認メッセージが表示されたら「開く」をクリックします。

160720 0007

アプリケーションフォルダ(通常は /Applications)に RICOH THETA.app というファイルがインストールされ、利用可能な状態となります。

160720 0008

 

360度静止画の作成

あらかじめ、Galaxy Gear 360 より microSD カードを抜き取り、Mac で読み取り、表示されたファイルを任意のフォルダにコピーしておきます。

 

RICOH THETA.app を起動すると次の画面が表示されます。

160720 0001

ファイルをコピーしたフォルダにアクセスし、360度画像にしたい JPG ファイルを選択して、RICOH THETA アプリにドラッグ&ドロップします。

次の画像では、360_0003.JPG というファイルをドラッグ&ドロップしています。

160720 0011

するとアプリが自動的にグニュッ。とフチをくっつけてくれます。

160720 0003

メニューバーより「ファイル」→「天頂補正書き出し」→「XMP付きJPEGデータ」を選択します。

160720 0010

XMP付きJPEGデータウインドウで、保存するファイルの名前、保存先のフォルダを指定して「保存」ボタンをクリックします。

160720 0013

指定したフォルダに指定したファイル名で360度画像が保存されます。

160720 0014

これで準備完了です。

 

Facebook への投稿

Facebook は、360度静止画の直接投稿に対応しているので、実は普通の画像をアップロードするのと同じ手順です。

投稿画面のところで、カメラマークをクリックして、ファイル名を指定するか、Finder からファイルを直接ドラッグ&ドロップします。

160720 0017

360度静止画だとアップロードしたファイルの右下に地球儀の緯度経度線が入ったようなマークが表示されます。

表示されない場合は360度静止画となっていないため、再度作成し、適切なファイルをアップロードします。

160720 0015

「投稿する」ボタンをクリックすると、投稿されます。画面右中央に向きを示すマークが表示されています。

160720 0016

パソコンの場合はマウスでグリグリ動かすことが可能です。

スマホの場合はスマホの向きを変えるとそれに応じて見える部分が変わります。

 

まとめ

リアルタイムでの確認、アップロードはできないものの、アプリさえインストールしてしまえば、

対象ファイルをドラッグ&ドロップして「天頂補正書き出し」で「XMP付きJPEGファイル」として保存するだけ。

です。

そのうち、リアルタイムでの確認、アップロードがしたくなるとは思いますが、まずはコレで遊んでみませんか?

 

Galaxy Gear 360 に関連する記事はこちら

 

The following two tabs change content below.
コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。 Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。 インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。 グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪ 夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪ 詳細なプロフィールはこちら

コメントはこちらへ

*

Return Top