de-gucci.com

新しいモノが大好き、知るコトが大好き、楽しむコトが大好き♪

Galaxy Gear 360 単体で、360度動画を作成、アップするには? Galaxy スマホがなくても大丈夫♪

160724-0014.jpg

「ひゃっほう!最強スペックの 4K 360度全天球カメラ、ゲットだぜ!!」と喜び勇んで Galaxy Gear 360 を購入したものの、使うためにはさまざまな壁があることが判明。

Galaxy Gear 360 をゲットしたときの記事

なんとか、Galaxy スマホなし、Galaxy Gear 360 単体でも、パソコン使って 360度動画作成、アップができることが判明したのでシェアします。

 

Galaxy スマホがないと 360度動画がアップできない?

Android アプリ「Gear 360 マネージャ」があれば、リアルタイムで Galaxy Gear 360 で撮影した動画を再生したり、SNSなどにアップすることができます。

が、対応している機種は Galaxy s7/edge、s6/edge/+、Note 5だけで、他の Android にはインストールできないようです。

 

それ以前に、私は iPhone 派なので Android スマホを持っていないので、手も足も出ない…

でも、リアルタイムはムリでも用意されているパソコン用アプリで動画を編集すれば…

と思ったら、Windows用。Mac 派である私にとってはとことん厳しい状況です。

160724 0001

でも、今の Mac には Boot Camp も Parallels も VMware Fusion もある。ってことで、Parallels 上に Samsung から提供されているアプリをインストールして動画作成してみました!

 

Gear 360 ActionDirector による 360度動画の作成

Gear 360 単体で Facebook や YouTube で再生可能な 360度動画をアップロードするには、そのままの動画ファイルではなく 360度動画に加工する必要があります。

ここでは、Samsung より無償で提供されている Gear 360 ActionDirector による 360度動画の作成方法を記載します。

 

Gear 360 ActionDirector のインストール

ありがたいことに、Samsung から Windows 用ではあるものの 360度動画編集アプリ「Gear 360 ActionDirector」が提供されています。

なので、Mac の方はあらかじめ Windows を起動し、以後の作業はすべて Windows 上で行います。

 

アプリは Samsung の Gear 360 ページからダウンロードできます。

次の URL にアクセスします。
http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/gear/gear/SM-C200NZWAXJP

 

画面の「サポート」をクリックするか、画面をスクロールすると「Software」という部分があるので、そこで「Windows Application, Gear 360 Action Director(Gear 360 ActionDirector)」をクリックしてダウンロードします。

このとき、もう一つの「Install Guide〜」はダウンロードする必要はありません。アプリを動作させるための前提条件が書かれているだけです。

160717 0019

 

ダウンロードすると、Gear_360_ActionDirector_1718_JPN.exe というファイルがあるのでダブルクリックしてインストーラを起動します。

なお、この情報は2016年7月17日時点の情報であり、アプリのバージョンアップ等によりファイル名が異なる可能性があることをご承知おきください。

160717 0020

 

パソコンへのアプリのインストールをしても良いか確認の画面が表示されるので、「はい」をクリックします。

160717 0021

 

するとアプリをインストールするフォルダを訊ねられるので、そのまま「次へ」をクリックします。

160717 0022

 

ライセンス契約の画面は、ちゃんと文章を読んで同意しても問題なければ「同意する」をクリックします。

160717 0023

 

実際にアプリのパソコンへのインストールが開始しますので、そのまま待ちます。

160717 0024

 

そのまま待っていると「インストールが完了しました」の画面が表示するので。これでインストールは完了です。

セットアッププログラムを終了するにはウインドウの「×」ボタンを、アプリを起動するには「Gear 360 ActionDirectorの起動」をクリックします。

160717 0025

 

Gear 360 ActionDirector の起動

デスクトップ上の「Gear 360 ActionDirector(64ビット)」アイコンをダブルクリックするか、スタートメニューから「Cyberlink Gear 360 ActionDirector」→「Gear 360 ActionDirector(64ビット)」をクリックして、アプリを起動します。

160724 0002

「ようこそ Gear 360 ActionDirector」画面が表示されるので「360 VR 動画」をクリックします。

160717 0026

アプリの初回起動時にはアプリをアクティブ化するために次のウインドウが表示されるので、Gear 360 本体に同梱されていたプロダクトキーを入力します。

Gear 360 本体同梱のプロダクトキー

IMG 7955 640

6つの箱に5桁の英数字文字列を正しく入力します。

160717 0028a

 

パソコンに変更を加えても良いか訊ねられるので、「はい」をクリックします。

160717 0029

 

アクティブ化が実施されます。インターネットに接続されている必要があるので、注意が必要です。

160717 0030

 

アプリを提供している Cyberlink の製品向上プログラムに参加する場合には「参加する」ラジオボタン、参加しない場合には「参加しない」ラジオボタンをクリックし、「閉じる」ボタンをクリックします。

「参加しない」を選択してもアプリの使用に問題はありません。

160717 0031

 

続いて、ユーザ登録画面が表示されるので、アプリのアップグレード情報などをメールで受け取りたい場合には、氏名、居住国、メールアドレスなどを入力し、「ソフトウェアのリリース、アップグレード、アップデート、ウェビナー(無料)などの情報、誕生日ギフトを希望します。」にチェックして「登録する」ボタンをクリックします。

ユーザ登録しない場合には「登録しない」をクリックします。

160717 0033a

 

ビデオチュートリアルのリンク画面が表示されるので、ビデオチュートリアルを参照したい場合にはリンクをクリックします。

不要な場合にはそのまま「OK」ボタンをクリックします。

160717 0034

 

Gear 360 ActionDirector が起動します。

160717 0035

 

Gear 360 ActionDirector による 360度画像の作成

Gear 360 で撮影した microSD カード、または、カードの内容をコピーしたフォルダより、撮影した動画をアプリに読み込ませます。

アプリ左上側のフォルダアイコンをクリックし、1つのファイルだけを読み込む場合には「メディアファイルの読み込み」、複数ファイルを読み込みたい場合には「メディアフォルダーの読み込み」を選択します。

動画編集にはCPU、メモリ、ハードディスクなどのシステムリソースを使用するため、1度には1つだけのファイルを読み込み、編集することをオススメします。

ここでは「メディアファイルの読み込み」で1つのファイルだけを読み込みます。

160717 0036

 

「ファイルを開く」ウインドウが表示されます。

160717 0038

 

360度動画を作成したい動画ファイルを選択します。

選択するとウインドウ左下に動画のプレビュー画面が表示されるので、同じようなファイルが複数ある場合には再生して確認することができます。

160717 0039

 

アプリのメディア一覧に選択した動画追加されます。

160717 0040

読み込んだファイルをアプリが自動的に解析し、360度動画に変換を開始するので、そのまま 100% になるまで待ちます。

160717 0041

 

360度動画への変換が完了すると、自動的にファイル名が変更され、ファイル名に「_Stitch_XHC」が追加されます。

160717 0042

 

変換されたら、画面左下の「ここにコンテンツをドラッグして開始します」に、目的のファイルをドラッグ&ドロップします。

160717 0043

 

ドラッグ&ドロップすると、左下に動画の長さが表示されます。

160717 0044

 

ドラッグ&ドロップすると、右下の「出力」ボタンの色が変わり、クリックできるようになります。

160717 0046

 

動画編集が不要であれば、そのまま、右下の「出力」ボタンをクリックします。

160717 0047

 

アプリ左上のファイルタブが次の図のように変更されるので、次の確認をします。

  • 「H264 AVC(.MP4)」が選択されていること
  • 「出力フォルダー」のフォルダ、ファイル名が正しいこと
    ※別のフォルダ、ファイル名を希望する場合には「…」ボタンを押し、フォルダ名、ファイル名を変更します。

「開始」ボタンをクリックします。

160717 0048

 

動画の出力が開始されるので、そのまま 100% になるまで待ちます。

160717 0049

 

完了画面が表示されたら、「レ」のチェックマークをクリックし、指定したフォルダに指定したファイル名でファイルが作成されていることを確認します。

160717 0050

 

160724 0003

 

Facebook に 360度動画をアップロードするには

Facebook の場合は、作成されたファイルをそのまま投稿すればOKです。

160724 0004

 

160724 0005

 

写真と異なり、動画は加工のために時間を要するため、しばらく待ちます。

160724 0006

 

360度動画の場合は、通常動画よりもさらに時間がかかるので、気長に待ちます。

160724 0007

 

Facebook上での加工が完了すると「360」のマークが表示され、再生可能状態となります。

160724 0010

 

YouTube に 360度動画をアップロードするには

YouTube は 360度動画再生に対応しているため、360度動画をアップロードすることが可能です。

360 度動画のアップロード
https://support.google.com/youtube/answer/6178631?hl=ja

160724 0008

 

Gear 360 ActionDirector で作成、保存したファイルをアップロードすると、YouTube 上での処理が開始されます。

160724 0012

 

処理が完了すると、通常のYouTube 動画と同様の設定ができるので、適宜設定を公開します。

160724 0013

 

パソコンで再生すると、左上に視点コントロールのアイコンが表示されるので、マウスをドラッグするなどして視点を変更しながら再生することができます。

160724 0014

 

まとめ

リアルタイムでの360度動画再生、アップロードはできませんが、単体でも、パソコンアプリと連携することで、Facebook や YouTube などで再生可能な 360度動画を作成、アップロードすることが可能です。

やっぱり、リアルタイムで。と思うようになるかもしれませんが、まずは Galaxy Gear 360 を手に入れて、高品質な 360度動画ライフを楽しんでみませんか?

 

Galaxy Gear 360 に関連する記事はこちら

 

The following two tabs change content below.
コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。 Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。 インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。 グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪ 夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪ 詳細なプロフィールはこちら

コメントはこちらへ

*

Return Top