<

神楽坂の「旬楽 京ホタル」で初ランチ。2種類のカレーセットのどちらを選ぶ?キレイでオシャレな空間でゆったりできるオススメのお店

2018年5月1日。 神楽坂の「旬楽 京ホタル」(以降、京ホタル)さんを初訪問。ランチセットでキーマカレーをいただきました。キレイでオシャレな空間でゆったり過ごせて良かったのでご紹介します。

外観

京ホタルは神楽坂のメインストレート早稲田通りから一本入った細い道、芸者新道からさらにちょっと入ったところにあります。

って言うか、知ってる人からすると、比内地鶏を使った親子丼で人気のある「あべや」さんの3階になります。

詳細な場所については文末を参照ください。

▼1階があべやさん。3階が京ホタル。

実を言うと今回、うろうろした結果、あべやさんの親子丼を食べよう!と思ったところで京ホタルさんの立看板を見かけて急遽変更した。と言うのが裏事情です。

あべやの3階にお店なってあったっけ?と思ってたんですがググってみたら、京ホタルは2017年6月19日(月)オープン(※1)、ランチの営業が2018年4月9日(月)スタート(※2)だったんです。

前回あべやさんに来たのが3月26日(月)でその日以来のあべやさん訪問だったので京ホタルさんの存在を知らなかった次第です。

あべやさんの斜め向かいぐらいの位置にある「SOBA dining 和み」さんには直前の4月27日(金)に来ていたんですが反対方向から寄ったのであべやさんの前までは行きませんでした。

あべやさんの玄関の左手にあるエレベータに乗って3階にあがって芸者新道を眺めたところ。市松模様の道が芸者新道です。左手に和みや九頭龍蕎麦、右手は本多横丁があります。

モダンな京ホタルの玄関。

ちゃんと営業中の札がかかっています。

営業カレンダーも出ていました。もうサラリーマンしか狙っていない、会社のような土日が休業日というスタイル。あっ、でも3日、4日の祝日は昼夜営業しているみたいです。

オープン情報 出典:
※1:https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13211969/dtlrvwlst/B344867008/
※2:https://ameblo.jp/ayukilunch/entry-12367425643.html

店内

入ってみると窓はほとんどありませんが明るすぎず、暗すぎない絶妙な明るさの店内。もしかすると夜の営業は少しあかりを落としているかもしれませんね。

びよーん。と1画面の画像をそのまま横に3倍に伸ばしたんじゃないかという写真のスライドショーが流れる壁面。京都の四季の写真が流れていました。

テーブルや通路のスペースも十分に確保され、スポットライトで照らされ、壁面と調和の取れたテーブルと椅子がとてもいい雰囲気を醸し出しています。

奥の方には4人がけのテーブルが2つ置かれていました。1階のあべやさんよりもゆったりとした感じがして好印象です。

各テーブルにはお箸、スプーンと紙ナプキンと紙のおしぽりが置かれています。

お水はオシャレにハートランドのグラスで出てきました♪夜ならビール飲んじゃうんですがまだ勤務中なのでここはガマン(^_^;;

ランチ メニュー

ランチメニューはシンプルにAセット、Bセットの2種類だけ。どちらもカレーです。

Aセットが和風の京ホタル風カレー、Bセットがトマトキーマカレーです。

お値段もシンプルに普通盛りが1,000円、大盛りが1,200円、いずれも税込みです。嬉しいのは大盛りがごはんだけではなく、ルーも大盛りになること。

今回は注文しませんでしたがドリンクとして生ビール400円、ウーロン茶、アイスコーヒー300円もあります。

ランチ サイドディッシュ

サイドディッシュはサラダ。チャツネ?みたいのも付いてきました。

ランチ メインディッシュ 京ホタル風カレー

先輩はAセットの京ホタル風カレーを注文してたので写真だけ撮らせてもらいました。こちらは並盛り。

ランチ メインディッシュ トマトキーマカレー

私が注文したのはBセットのトマトキーマカレー。

季節と旬によって変わるという野菜が載せられています♪

ランチ トマトキーマカレー 実食

実はあまりキーマカレーというのを食べる機会が少なく、ほとんど食べてないんですが、トマトキーマカレーというだけあって口に含んだ瞬間にトマトの香りがフワッと広がって美味しい♪

砂糖、小麦を使ってないのでベタベタする感覚がまったくなく、12種類のスパイスを使っているのでほどよい辛さとなっててウマイ!

先輩の食べた和風のカレーも美味しそうだったので次回来たら和風カレーも試してみたいと思います。

ごちそうさま

大盛りだったけど美味しかったのでペロッと平らげてしまいました♪

こんなに美味しいのに奥まったところ、さらに店内が見えない3階ということもあるのか、私達が滞在している間、私達以外のお客さんがまったくいなかったこと。

雰囲気もいいし、オシャレでキレイだし、カレーも美味しいし、女の子にもウケそうなのに…

神楽坂のお店はランチにチャレンジしても早いと1ヶ月、だいたい3ヶ月ぐらいで辞めてしまうお店が多いんです。

京ホタルさんはもっとお客さんに来てもらって、長くランチ営業を続けて欲しいな…と思いました。

ごちそうさまでした!

では、今回はこの辺で。

 

旬楽 京ホタル 店舗情報

店名: 旬楽 京ホタル
ジャンル: 居酒屋
住所: 東京都新宿区神楽坂3-2-40 神楽坂CO&COビル 3F
電話: 03-6265-3867
営業時間: 12:00-15:00、17:30-23:00
定休日: 土日
公式サイト: http://www.shun-raku.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/kyohotaru/
Instagram: https://www.instagram.com/shunrakukyohotaru/
Googleマップ:
食べログ: https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13211969/
ぐるなび: https://r.gnavi.co.jp/2ya2u3uk0000/
Hotpepper: 不明
Retty: https://retty.me/area/PRE13/ARE6/SUB602/100001358812/
ヒトサラ: 不明
Yahoo!ロコ: https://loco.yahoo.co.jp/place/g-nNmd6mhdBno/
The following two tabs change content below.
コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。 Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。 インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。 グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪ 夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪ 詳細なプロフィールはこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com