小田原の「魚河岸でん」で一人晩ご飯。しらす、地魚、モウカの星。みんなおいしかった!

2018年6月25日。お風呂には入ったのでご飯を食べて帰ろうと小田原へ。検索していろいろ悩んだんですが駅近&入ったことないけど見覚えのあるお店「魚河岸 でん」さんを初訪問。

魅惑のメニューに悩みながらいくつかお食事させていただいたのでご紹介。

利用シーン

2018年6月25日の夕方、一人で利用。

軽い晩酌と晩ご飯。

地の魚など海のものを食べるため。

魚河岸 でん

小田原駅東口を1階に降りて左の一方通行の路地に入ってすぐ左手のところにある地魚 の丼を出してくれるお店です。

入り口入ってすぐ右手が5席ぐらいのカウンター席。左手が4人掛け席が2つあって、あとは奥に4人がけテーブルや小上がりがあるみたいです。

みたい。っていうのは入ってすぐ右、入り口に一番近いところのカウンター席に座って奥がよくわからなかったため(^_^;;

お昼どきは行列が出来たりもするみたいですが、平日の夜は比較的余裕があるようです。

メニュー

夜も基本的には海鮮丼での食事がメインのお店のようです。

この日の地魚はワラサ、シイラ、ムツ。地魚の丼にはこれらの魚が入るとのこと。

その他にもテーブルの上におすすめ丼のメニューがありました。魅力的、、、

丼以外にも海のものを中心としたおつまみが取り揃えられています。

その他にも店内にはおつまみ?一品料理のメニューが掲げられています。

一つが「しらす贅沢三昧」。

この辺の名物の一つ、しらすは食べたいな。と思っていたんですが、生しらす、釜揚げしらす、漬けしらすを一度に楽しめるのが、しらす贅沢三昧です。

そして「ここでしか食べれない希少部位」のうたい文句、そしてその商品名が気になる「モウカの星」。

お店の方の話を聞いたところ、サメの心臓だとのこと。他では食べれない逸品のようです。

その他にも「小田原蒲鉾3社食べ比べ板わさセット」なんてのもありました。

小田原蒲鉾と言えば鈴廣ぐらいしか知らないんですが、いろいろあるんですねー。

乾杯

一人で乾杯♪よくロマンスカーGSEに乗りました!そして、温泉天山に行きました!

飲んじゃったけど生ビールはプレモル。550円。

食事

小田原漁港直送 刺盛 一人前

まずは刺身を食べることに。小田原漁港から直送されたお魚の刺盛一人前。1,080円

しらす贅沢三昧

どうしても我慢できずにしらす贅沢三昧を注文。880円。

しょうゆとみりんの漬けしらす

釜揚げしらす。塩味付いてるのでそのままで

生しらす。これだけしょうゆをかけていただきます。

モウカの星

となりの人が食べてるのを見て、そしてお店の方の説明を聞いて、結局、モウカの星も注文。1,180円。

ゴマ油で下味がつけられているのでそのままで食べても良いんですが、お好みで擦りおろしにんにく、塩をつけていただくのも有りな状態で出てきます。

牛レバーのようなつくりだけど、サメの心臓です。コリコリしていてうまかった!

小田原地魚丼と漁師汁

しらすを食べて満足できたので残りの懸念事項だった地魚を食べるべく小田原地魚丼を注文。1,480円。

丼と一緒に注文なら108円。とお店の方にオススメされたら断るワケにもいかない漁師汁も注文。

ワラサ、シイラ、ムツが入ってます♪

漁港系の海鮮系の丼にありがちな茶碗に毛が生えたような丼ではなく、普通の?丼サイズの丼ではなくなので食べ応えがあります♪

漁師汁は、アラ汁なのでいろんな濃い味を楽しむことができました♪

ツマを食べ、魚のみの状態になったところでわさびしょうゆをかけていただきました!いろんな味と食感を楽しむことができてうまかったなー♪

ごちそうさま 〜気軽に一人で入って晩ご飯を食べることができるお店

迷った結果で選んだ小田原の「魚河岸 でん」さんでしたが、満腹満足したお店でした♪

The following two tabs change content below.
コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。 Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。 インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。 グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪ 夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪ 詳細なプロフィールはこちら
WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com