VR普及の年 スタートダッシュを決めろ! 〜 全天球型カメラ Samsung Galaxy Gear 360 を活用する

去年はVR元年と言われ、さまざまなVR対応製品がリリースされました。

一番話題になったのはPlayStation VRでしょうか。

VR(Virtual Reality; 仮想現実)は、その場に居なくてもあたかもそこに自分が存在しているかのような空間を提供します。

なのでVRを提供する側に立とうとするなら、VR環境を生み出すような機器を用意する必要があります。

一番簡単なのは、360度を一度に撮影できる全天球型カメラで写真や動画を撮影すること。

私も去年全天球型カメラ Samsung Gakaxy Gear 360 とそれを完全活用するアプリを動かすことのできる Galaxy S7 edge を手にいれたものの、どう活用しようか考えてるだけで、ほとんど放置してました。

が、今回、香川県・徳島県に旅行する機会があったので、そこで使ってみることにしました。

実際に使ってみてわかったことがあったので、使い方を含めてシェアします。

今回の相棒

VRを提供するための機材はRICOH THETA Sが国内だとダントツでトップで、その他にKODAK SP360やInsta 360 Nanoなどがあります。

が、私が選んだのはカメラの性能でSamsung Galaxy Gear 360、そして、アプリを動かすためのSamsung Galaxy S7 edge。

今回の相棒として使ってみました。

▼Galaxy Gear 360本体。

▼自撮り棒。スマホ用で手に入れたものを今回流用しました。

▼Galaxy Gear 360の下のネジ穴に自撮り棒をセットしたら準備完了。

【「全天球型カメラ Galaxy Gear 360 で撮影する」につづく、、、】

The following two tabs change content below.
コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。 Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。 インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。 グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪ 夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪ 詳細なプロフィールはこちら

Bio

でぐっち

コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。
Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。
インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。
グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪
夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪

詳細なプロフィールはこちら

If you like this article,
Let's press like button

We will deliver up-to-date information for you