飯田橋 蛮々 〜 豚の生姜焼きって、ジンジャーポークじゃないの?【KILC】【画像で見るお店紹介】

神楽坂-飯田橋ランチ倶楽部(KILC)部活動報告。2017年3月9日。今日は13時よりミーティングが入っていたので先輩に早飯に付き合ってもらい職場近くの鉄板焼き&ステーキのお店蛮々に行きました。

店内&メニュー

大きく分けるとシェフのいる鉄板のあり窓側と奥の部屋がありますが、今回は時間が早かったせいかぜんぜん空いていて、奥のテーブルに案内されました。

メニューはこんな感じ。ここのメニューには載ってないけど、壁に1ポンドステーキ(4,000円)の貼り紙があり、ランチタイムでも食べることが出来ます。

毎回、支払いを済ませると2ヶ月先の月末まで有効の50円引き兼をいただくので、2ヶ月に1度は訪問刷る感じです。

料理が出てくるまで

ランチのセットとしてサラダか豆腐を選べますが、私は切れてない限り迷わず豆腐を選択します。

各テーブルにはキムチと

タクアンと

もやしソースが置いてあります。

豚の生姜焼き

今回は豚の生姜焼きを注文。

ご飯と、、、

味噌汁が付いてきます。

薄切りの豚が生姜醤油でいい感じに仕上げられてきます。

アツアツのご飯との相性がバツグンでした!

でぐっちが感じたこと

食べたことがなかったので豚の生姜焼きを注文しましたが、注文して待ってる間に先輩と話していたのがタイトルの「豚の生姜焼きって、ジンジャーポークと違うの?」と言う話題。

その場では結論が出てこなかったんですが、ググってみると

豚の生姜焼き … 豚のバラ肉など何枚かの薄切りの豚肉をしょうが醤油で焼いたもの。

ジンジャーポーク … 一枚または二枚肉の厚切りの豚ロースをソテーしたもの。シーズニングソースやバターが登場することも。

という感じでした。

今回の豚の生姜焼きも何枚かの薄切り肉を生姜醤油で焼いたものでした。

この焼き加減といい味付けといいザ・生姜焼き!って感じでサイコーでした!また食べたいところですが、他のメニューもトライしたいので悩みどころです。

機会があればぜひ試していただきたいお店の一つです。

The following two tabs change content below.
コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。 Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。 インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。 グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪ 夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪ 詳細なプロフィールはこちら

Bio

でぐっち

コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。
Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。
インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。
グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪
夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪

詳細なプロフィールはこちら

If you like this article,
Let's press like button

We will deliver up-to-date information for you