無宗教の私が法事で学んだ一つのこと

こんにちは。でぐっち(@de_gucci)です。2017年5月6日。先日亡くなった伯父の納骨式と祖父の三十三回忌の法要で浅草に行ってきました。

浅草東本願寺さんのすぐそばにある満照寺さん。ここが母親方のお寺さんです。



法要はしめやかに行われたんですが、お坊さんからのお話で「南無阿弥陀仏と唱えるから亡くなった方が阿弥陀様に救われるのではなく、信じた時点で救われることは決まっており、唱えるのは生きてる人が救われることに対して、日ごろの感謝の気持ちを伝えること」とおっしゃってたのが印象的でした。

私自身は無宗教ですが、なるほど、、、そんな考え方もあるのね。と勉強になりました。

しかし、祖父が亡くなってから33年ですか。数え年なので実年数は1年少ないですが時が流れるのは早いものですね。