トムヤンクンagain。タイ発の日清カップヌードルが2018年も新発売されたので早速実食♪日本人の大好きなしょうゆ味が嬉しい!【祝再販】

2018年5月2日。前日にミニストップでタイ発の日清カップヌードル3種が新発売となっていたので早速トムヤンクン味を含む3種全部を購入。今日早速食べましたよ。1年ぶり♪

日清カップヌードルトムヤンクン味はタイの日清が独自に開発したものを日清食品が輸入販売したもの。日本の日清でもトムヤンクン味が出ていますがそれとは別物です。

濃いめの赤が特徴的なパッケージ。グローバル・スタンダードである英語で「TOM YUM SHRIMP SABB FLAVOUR」と書かれています。SABBって何なんでしょうね。ググったけどよくわかりませんでした…orz

反対側はタイ語で。

上フタは恐らく輸入の都合から日本語で。気になるカロリーは270kcalと低めです。

もう一つの側面はタイ語なのでよくわかりません。

その反対側の側面も絵でなんとなくわかるような気もしますが腕が生えていたりやっぱりよくわかりません…

フタを開けるとペースト袋が。

触ってみるとザラザラした何かが入っています。

お湯を入れて待つこと3分。ふわふわ卵は日本譲りですね。

ペースト袋を苦心しながら投入。キレイには入れることができませんでした(>_<)

かき混ぜると安心のトムヤンクンの香りが。エビもしっかり入っています♪

日清 カップヌードル トムヤンクン味 実食 いただきます

では、早速いただきますよ。

日本でも日清からトムヤンクンヌードルが発売されていますけど、なんか違いますよね。

残念ながら私の語彙力、知識、舌ではなにがどう違うのか具体的に示すことができませんが…

酸っぱさ加減はタイのトムヤンクン味の方が強いような気がします。

チャンスがあったらぜひ、日本のトムヤンクンヌードルとタイのトムヤンクン味食べ比べしてみてください。

では、今回はこの辺で。

 

関連記事はこちらから

今回(2018年)に発売されたタイ産のカップヌードルの実食レポート

2017年に発売されたタイ産のカップヌードルの実食レポート

The following two tabs change content below.
コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。 Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。 インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。 グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪ 夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪ 詳細なプロフィールはこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com