9月11日(月) 雨ときどきくもり

飛行機が朝7:40発だったので,どうやって行こうと思ったんですが,朝ならバスでも大丈夫だろう。ってことで,新横浜からバスに乗って羽田空港に行くことにしました。

さすがに朝5時に家を出ると,新横浜5時45分ごろだったのでスイスイとバスは首都高速を走って,6時半ごろには羽田空港に着きました。

いや〜でもインターネットって便利ですねぇ。全日空のホームページに行けば,飛行機の予約もできるし,ちゃんと京急のホームページを見れば,高速バスの発着場所,時刻表とかを調べることができるんですもの。

台風が近づいてきていたので四国とか飛行機大丈夫なのかな?と思ったんですが,特別に問題もなく飛びました。

飛行機は離陸直後から着陸する直前まで真っ白な雲の中だったので,本当に着陸できるんかいな?と不安になったりもしたんですけど,その辺はさすがプロ?技術の進歩?ってことで,ほぼ定刻どおり9時に高松空港に着きました。

たいしたものです。

高松空港に着いた後,香川県に住む友達と合流して,早速軽くうどん屋・・・というよりは,ほとんど外からはうどんが食べれるとは思えない店を5軒まわりました。(笑)

製麺所だったり,農機具屋だったり。そういうところは器と箸も持参して,ゆでてある麺を一玉60円とか65円でいただいて,これまた用意したしょうゆでつるつる。っと食べる。いやぁ。うまかったです。

その他にも知る人ぞ知る怪しげうどん屋で一玉100円〜140円(これは器付き)でやはり生醤油や冷たいだし汁,暖かいだし汁で食べました。これまた,おいしかったです。

まぁ,この辺はうどん好きの友達が連れてってくれたので,おいしいところばかりを厳選して連れてってくれたんですけどね。(笑)

お腹を満たした後,瀬戸大橋を渡って,岡山県北部の湯原温泉へ。

最初に入ったのは茅森温泉。行ってみると

河原に三方を150cmぐらいの木の塀で覆っただけの露天風呂でした。着替えるところもないという。(笑)当然?無料。(笑)

で,唯一開かれた面の斜面にはお墓が…(^_^;;;まぁ,温泉からは直接はお墓が見えることはなかったですけどね。

とりあえず,入ってみたんですけど,ぬるい。ぬるい。雨もパラパラと降っていたこともあって,早々に切り上げて次の温泉に行くことにしました。

でも,きっと晴れていれば,のんびりと緑に囲まれて1時間でも入っていられたんじゃないかなぁ…と思いました。

そして,友達お気に入りの温泉,江戸時代の露天風呂番付で西の横綱と言われた,湯原温泉砂湯に行きました。

湯原ダムの下の河原にある温泉で,これまた簡易な脱衣場はあるものの,あとは何もない。っていう温泉で,これまた無料です。

周りは岩で囲んであり,底には砂利が敷き詰めてある浴槽?は子宝の湯,長寿の湯,美人の湯と3つあるんですが,元は同じお湯で,ちょっとずつ温度が違うくらい。

長寿の湯には雨用に屋根が半分ぐらいかかっているんですけど,この長寿の湯は一番熱いので長湯はなかなか難しいかと思います。

仕切りも何もないところなので,混浴なんですが,水着も禁止のところなので,女性にはなかなか入れない温泉かも。(^_^;;;

友達の話によると夜中になって暗くなると女性も入ったりすることがあるみたいなんですが…

あぁ,一応近くにホテルとかはあるので,同じお湯にはホテルのお風呂で入ることも可能だと思います。

雨が降ったり止んだり。っていう天候だったので,晴れてたらもっと気持ちよかったんでしょうけど,それでも自然の中,川のせせらぎを聞きながら。って感じのシチュエーションなので,気持ちよかったです。

北海道にはこういう温泉が結構あるので,本州でも無料の温泉ってあるんだぁ〜。と妙に感激したりして。(笑)

その後,蒜山高原というところで,清里の清泉寮と同系列と思われる,ジャージー牛乳のソフトクリームを食べて,島根の松江に抜けて一泊しました。