9月13日(水) 晴れときどきくもりときどき雨

チェックアウトした後,朝8時半からやってる,道後温泉から5分ぐらい山奥に入ったホテル「奥道後」へ行きました。

ここのウリは男女日替わりでそれぞれ10種ぐらいの代わり風呂があるというジャングル風呂。

広い敷地に木々を配置して,そのところどころに,打たせ湯,薬湯,冷泉温泉,寝湯,足湯,水風呂,サウナ等があって楽しめます。

それ以外にも幅15m以上あるんじゃないかという,内湯の大理石大浴場があります。

大浴場では誰もいないこともあって,子供じゃないですけど,思わず泳いでしまいました。(^_^;;;

これで400円は安いです。どこかの温泉施設も見習ってもらいたいものです。(笑)

その後,再びうどんを食べるために,高速道をひた走って,香川県観音寺市へ。友達も行ったことない。ってことで,だし汁で食べるうどん150円。

みそ汁の中にうどんが入っているようなみそ汁うどん400円の2軒をまわりました。

そして,高松の方に戻りながらさらに2軒と計4軒まわりました。この日まわったお店は最初の店を除いて,ちゃんと「うどん」の看板のあるお店でしたが,それでも150円とか250円とかなので,安いですね〜。しかも,どれもうまい!(^_^)

高松に戻ってきたのが2時過ぎで,そろそろ帰りのことも考えなければ。って感じになってきたんですが,讃岐うどん好きならバイブルと言われる(嘘。私が勝手に命名),「恐るべきさぬきうどん」の第4巻(¥1048税別,第3巻までは既に持っています)と「さぬきうどん全店制覇攻略本」(¥1143税別)というのを友達が持っていたため,それが欲しい。と友達告げると,怪しげなビルへ連れてってくれました。

そこは香川県の地元情報誌「TJ Kagawa」の編集,発行を行っているホットカプセルの編集部でした。どうやらそこの人と知り合いだったらしく,TJ Kagawaの来月号の締め切りに追われる中,無事上記の本を購入させてもらいました。ついでに四国うどん巡礼88ヶ所のマップ(¥200)もお願いしたりして。(笑)

その後,友達を訪ねたときに必ず行っているはまちの刺し身を筆頭に水産物が美味しいお店,鳴門の「びんび屋」にやっぱり行かなきゃね。って話になって,片道1時間半かけて国道をひた走ってびんび屋に行って,まだうどんが消化しきれていない中,超早い夕ご飯(午後4時半ごろ)を食べました。

はまちの刺身定食900円。ぼたん海老の刺身600円。刺身もおいしかったんですが,ここのもう一つのウリがわかめのビッチリ入ったわかめのみそ汁。うまいっす。

それから,渋滞が不安だったんですけど,時間が早めだったのか,早く高松空港に着くことができ,お茶をしながら旅費の精算をして,友達と別れ,無事,飛行機は定刻通りに離陸し,夜10時半ごろ帰宅しました。

いやぁ。3日間で約1000kmということで移動がほとんどだったんですけど,有料・無料の温泉に入って,おいしいうどんを食べることができたので,結構充実した3日間でした。

願わくば天気がよければ。って感じでしたけど,これは贅沢ってものでしょう。