初期不良?ゲットしたばかりのiPhone Xが5日で文鎮化。その顛末すべて公開します

発売されたばかりのiPhone X。運良くゲットはできたんですがトラブル続きで泣かされました。まずは文鎮化とその顛末について書いておきます。

結論から先にいうと、「万一、電源がまったく入らないという文鎮化したら速攻でGenius Barを予約して(交換)対応してもらえ」です。

入手5日で文鎮化

予約から文鎮化前日(10月27日から11月9日まで)

2017年10月27日16:01の予約は順調に切り抜け、お届け予定日が発売日当日の11月3日で予約することができました。

その時の状況はこちら

が、11月3日から4日にかけて旅行に行くことが決まっていたため、速攻で11月5日午前に受け取りを変更しました。

予定通り11月5日午前中にiPhone Xを入手し、セットアップして、OLEDやFace ID、カメラの性能に感激しながら使い始めました。

11月7日には相棒となるabicaseも入手。

手元にiPhone X、iPhone 8 Plus、iPhone 7 Plusがあったためカメラ比較なんかをして、

さて、これから本格運用するぞ!と思っていた矢先、、、

11月10日(金)文鎮化当日

11月10日(金)ランチに入ったことのなかった餃子のお店に入って、ブログ用の写真を撮りまくったあと自席に戻り、いつものようにAnkerのUSB充電器に接続されてるLightningケーブルにつないで充電しました。

14時ごろ、ふとiPhone Xに目をやると画面が真っ黒。電源ボタンを押しても電源入らない!長押ししても入らない!

上ポリューム→下ボリューム→電源長押ししてもリセットもかからない!

Lightningケーブル変えてしばらく充電しても(したつもりでも)電源入らない!計3本試しても電源入らない!iPhone 7 Plus / iPhone 8 Plusは充電できるのに…

SAMSUNGのGalaxy用のQi対応のワイヤレス充電器の上に置いて充電しても(したつもりでも)電源入らない!Galaxy S7 edgeは充電できるのに…

完全に文鎮化しています。

とりあえずGenius Barの予約が最短でApple Store銀座だと11月12日(日)の14:15以降だったら予約可能だったので、外出の予定と合わせて17:20に予約。

もしかしたら対応してくれるかも…と思って、17:30に仕事を切り上げ、予約なしでApple Store銀座に行ったらけんもほろろな対応をされガックリ_| ̄|○

一方でFacebookで電源入らないことをつぶやいていたら「Appleサポートに電話すれば?」と言われたので、無理だろうな。と思いながらも帰宅してから電話してみました。

電話はすぐにかかってきたものの、電話がかかってきてから10分ぐらい待った後、サポート担当の方との電話がつながりました。

上記の対応をしたことを伝えると、そうですか、、、と言いながらも、強制リセット試してみましょう。

ということで、上下電源長押しを2回実施したんですが状況変わらず。

Genius Barも予約済みであることを伝えると、Genius Barで必ず対応します。と言って電話は終了。

11月12日(日)10:00

さて、Genius Bar予約日当日。午後からセミナー受講の予定が入っていたので、午前中にGenius Barの予約の確認をしてみたら…

というガビーンな状況が判明。

私のApple好き仲間の間で、Apple製品の対応はやっばりGenius Barが一番。というのが浸透してたので、Apple Store銀座を11月14日(火)18:30に予約し直し。

11月14日(火)18:20

ちょっとだけ早い18:20にApple Store銀座4階のGenius Barに到着。

ちょっと早いんですが…と言ったら「いいですよ。お名前は?」と訊ねられたので名前を告げるとちゃんと登録されててテーブルに案内されました。

受付した方とは別の方が出てきて、状況の説明。

そして、強制リセット、MacにLightningケーブルで接続してiTunesで認識されるかを調べた後、「あと2つシステムでチェックするのでお待ち下さい」とカウンターの中に消えていきました。

待つこと10分ぐらい。「電源が入らずまったく認識されませんでした」「筐体交換になります」となって、交換用の部材を持ってきてくれました。

本体だけあれば良いので本体だけのシンプルな箱に収められた交換用のiPhone X。

まずは電源の入らないiPhone XからSIMトレーを出して何やら見ています。

後で見てみたらIMEIが書いてありました。

SIMトレーを間違えちゃいけないな。とこの時強く思いました。

それはさておき、IMEI確認すると、私の購入したiPhone Xであることを確認して、サポート用のiPadに交換前後両方のシリアル番号などを入力しました。

そして「SIMフリーの設定を流すのでしばらくお待ち下さい」と新しいiPhone Xの電源を投入し、ナゾの言葉残してまたどこかに消えました。

5分ぐらいすると、「アクティベーションするのでSIMください」と一時的にSIMを挿していたiPhone 7 PlusからSIMを取り出し、飛ばせる設定は飛ばしてほぼさらのiPhone Xができあがりました。

「どうしますか?」と訊かれたので、家で設定するのでSIMは戻して欲しいと伝えてSIMを戻してもらいました。

無償だけど交換したことに同意するためのサインが欲しいとのことだったのでiPadにサインをして控えをメールで送ってもらって終了。

筐体交換だと60,800円かかるんですねー。良かった補償の範囲内で。

さいごに

ということで、文鎮化から筐体交換までの顛末でした。

実際にはこの前後にモバイルSuica問題などがあったんですが、そちらについては別記事で紹介します。

今回感じたのはApple Store銀座の1階のフロアの男性は総じて冷たい。たぶん対応に疲れてるんでしょうね。

それに対して2階、4階のフロアの方は総じて温かい。と感じました。

この温かいサポート&絶対的な安心感はApple正規サービスプロバイダでは得られないんじゃないかな。とも思いました。

唯一の不満はGenius Barの当日の予約がほぼ不可能となってしまっていること。

今回は古いiPhoneを持っていたのでそれで代用していましたが、1台しかもっていなかったら、モバイルSuicaの定期券を使っている私としては致命傷です。

Genius Barのキャパが上がるといいな…

そして、またiPhone Xが壊れることがありませんように(-人-)

では、今回はこの辺で。

 
The following two tabs change content below.
コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。 Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。 インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。 グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪ 夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪ 詳細なプロフィールはこちら
WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus