「なりたい自分になる過程を書ける。それがブログ」と言われ、改めてなりたい自分とは何かについて考えてみる

私自身はまだ初級の内容である「質より量より更新頻度」を実践することに注力するのが精一杯。 目の前の出来事、iPhoneで撮った画像を記事にしてアップし、ブログ筋をつけることが精一杯。 先のことまで考えてそれを記事にする。そこまでのことまで頭に回っていませんでした。 が、10,000PVも超え毎日記事を書くことに躊躇することはなくなってきたので、そろそろ次のステップを考えてもいいのかな。と。 今現在は、 ・ランチ ・その他、食べたものの ・出かけたところ などの記事がほとんど。 でも、それが「なりたい自分なのか?」と言われると完全にはそうじゃない。 もちろん、食べたいものを食べ、行きたいところに行き、楽しいところに行き、それをブログの記事にして世の中に「こんなものもあるんだよ」というのを発信していきたい。という気持ちはあります。 が、フードブロガー、旅行ブロガー、落語ブロガーになりたいのか?と言われると、うーん。となってしまう。 いやそれも一部としてはあるけど。 個人的にやろうと思ってて、ぜんぜん書けてないのが、 ・ガジェットレビュー ・Mac / iPhone について ・ブログのこと ・ITのこと ・書評 ・セミナー、講座などで学んだこと ・ビジネスのこと ・アメリカの魅力 ・自分が考えていること などなど、まだまだたくさんあります。 立花B塾で学んだことの一つに「同じ分野で200記事書くと(もちろん中身のある記事ね)、Google先生はその人のことを専門家として認めてくれる」というのがあります。 どの分野で200記事以上書きたいのか?専門家になりたいのか?というのはまだ見えてないのが実状です。 が、それらも含めて毎日ブログを書き続けることで見えてくるのかな?と思っています。 やっぱり書きたいと思うことは、いろいろ思いついたり、筆が進みますからね。何より書いてて楽しい。 なりたい自分がなんなのか。考えながら、これからも書き続けます。   おもしろい!参考になった!という方は、よろしければはてなブックマークしていただけるとでぐっちが喜びます。 このエントリーをはてなブックマークに追加 ]]>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.