macOS High Sierra(10.13.4)のセキュリティアップデート2018-001がリリース。2件のセキュリティ問題を修正。速やかにアップデートを!

2018年4月25日。macOS High Sierra(10.13.4)のセキュリティアップデート2018-001がリリースされました。早速インストールしましたよ。

セキュリティアップデート2018-001 アップデートすべき?待つべき?

今回リリースされたセキュリティアップデート2018-001。アップデートすべきか待つべきか、、、、

ズバリ、アップデートすべきです!

今回のアップデートは管理者権限を奪ったり、入力時のなりすましを防ぐための更新です!

macOS High Sierra 10.13.4の方はアップデートしておきましょう!

セキュリティアップデート2018-001の更新内容

公式サイトの情報「About the security content of Security Update 2018-001」よよるとアップデートした内容はCrash Reporter(CVE-2018-4206)とLinkPresentation(CVE-2018-4187)の2件。

権限昇格とURL入力部分に不正なテキストを入れてだますスプーフィングの問題への対応です。

Security Update 2018-001のアップデート手順

Security Update 2018-001のアップデート手順は次のとおりです。

1.「App Store」アイコンをクリックする。

2.アップデートをクリックする。

3.ソフトウェア・アップデートに「セキュリティアップデート 2018-001」が表示されるので右の「アップデート」ボタンをクリックする。

4.確認画面で「ダウンロードして再起動」をクリックする。

5.自動的にソフトウェアのダウンロード、インストール、再起動が実施される。

 

The following two tabs change content below.
コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。 Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。 インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。 グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪ 夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪ 詳細なプロフィールはこちら
WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus