macOS Mojave(10.14)リリース。メジャーアップデートなので更新は慎重に。動作確認アプリや更新手順をご紹介

2018年9月25日。iOS12のリリースに合わせてmacOS Mojave(10.14)がリリースされました。

Mojaveはモハベと読みます。砂漠が有名ですね。

macOS Mojave アップデートすべき?待つべき?

iOS12のiPhoneを持っているならお互いの性能をフルに発揮するにもmacOS Mojaveにアップデートすることを推奨したい!

、、、ですが、今回はメジャーアップデートなので、macOSのアップデートをしてしまうと、今まで動いていたアプリが動作しなくなる可能性があるので、慎重に調べてからアップデートすべきです。

例えば会社ののMacbookはインストールしているセキュリティソフトが対応しておらず、フリーズするとの情報が出ており、対応は10月以降になる見込みとの連絡を受けています。

そのため、会社のMacbookはmacOS Mojaveにアップデートすることができません。

同じようなことが起こりえますので、ご使用のアプリが対応してるか確認してから、アップデートを進めてください。

また、メジャーアップデートの後は事前テスト時には発生しなかった不具合が発生する可能性があります。

なので、慎重派の方は2週間ぐらいは様子を見ることをオススメします。

macOS Mojaveへのアップデートを推奨する人は、

  • 新しいモノ好きな人
  • 人柱になる覚悟がある人
  • トラブル発生時に対応出来る人
  • 対応できない事態が発生しても対応できるまで使えなくても我慢できる人

です。

macOS Mojave (10.14)動作確認アプリ(筆者環境)

Apple純正ではないアプリの動作確認状況です。
(※○は不具合なし、△は一部制限あり、×は動作しない)

  • ○ Google Chrome バージョン: 69.0.3497.100
  • ○ Google Chrome Canary バージョン: 71.0.3560.0
  • ○ Firefox Quantum 62.0.2 (64 ビット)
  • ○ Opera バージョン:55.0.2994.61
  • ○ Google 日本語入力
  • ○ Lacaille バージョン 2.2.2 (12) → 親指シフト可能
  • ○ Skitch バージョン2.8.2 (264830)
  • ○ SimpleCap 1.2.1

macOS Mojave (10.14)変更点

ありとあらゆるものが変わっているので公式サイトをご覧いただくのが一番かと思います。

公式サイトはこちら

ご参考情報としてApp Storeの情報を貼り付けておきます。(画像をクリックすると拡大画像を見れます)

macOS Mojave (10.14)対応機種

残念ながらすべてのMacがmacOS Mojaveにアップデート出来る訳ではありません。

macOS Mojave (10.14)にアップデートできる機種は次の通りです。

  • OS X 10.8以降がインストールされていること
  • メモリが2GB以上搭載されていること
  • ディスクの空き容量が12.5GB以上あること
  • Apple IDを持っていること
  • インターネット接続環境かあること

具体的な対応機種は次の通りです。基本的に2012年以降に発売されたMacになります。

  • MacBook (Early 2015以降)
  • MacBook Air (Mid 2012以降)
  • MacBook Pro (Mid 2012以降)
  • Mac mini (Late 2012以降)
  • iMac (Late 2012以降)
  • iMac Pro (2017)
  • Mac Pro (Late 2013※1、Mid 2010、Mid 2012モデル)

(※1:推奨されるMetal対応グラフィックカードを搭載していること)

また、各機能を使用するための条件もあるので詳しくは公式サイトの情報をご確認ください。

詳細な情報はこちら

macOS Mojave (10.14)アップデート手順

ここでは、macOS High SIerra (10.13.6)から macOS Mojave (10.14)へのアップデート手順を紹介します。

1.App Storeを起動します。

2.macOS Mojaveがドドーンとトップに表示されているのでクリックします。

3.ダウンロードをタップします。

4.続けるをクリックします。

5.使用許諾契約をよく読み同意できる場合は同意するをクリックします(同意できない場合はインストールできません)。

6.再度、同意確認画面が表示されるので、同意するをクリックします。

7.インストールをクリックします。

8.管理者ユーザ名とパスワードを入力しヘルパーを追加をクリックします。

9.インストールイメージがダウンロードされ終了すると次の画面が表示されるので再起動をクリックします。今回の環境では高速インターネットの環境だったので10分でダウンロードできました。

10.実際のインストールが行われます。私のMacbook 2016だとインストールに1時間ぐらいかかりました。

11.ログインしてこのMacについてをクリックし、「macOS Mojave バージョン10.14」と表示されることを確認します。

ライトモード <-> ダークモードの画面の切り替え方法

システム環境設定 → 一般 から外観モードでライトかダークかを選択することで画面を切り替えることができます。

ダークモードでのApp Store画面。

ライトモードでのApp Store画面。

なお、ダークモードに対応していないアプリはライトモードでの表示となるようなので、ご注意ください。

では、今回はこの辺で。

The following two tabs change content below.
コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。 Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。 インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。 グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪ 夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪ 詳細なプロフィールはこちら
WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus