macOS Mojave 10.14.2リリース。アップデートすべき?不具合、修正、サイズ、所要時間は?Security Update 2018-003 High Sierra, Security Update 2018-006 Sierraもリリース

2018年12月6日。MacとiPhoneは表裏の関係。iOS12.1.1のリリースに合わせて、macOS Mojaveの最新版10.14.2がリリースされました。

本記事ではmacOS Mojave 10.14.2にアップデートすべきか否か、サイズ、更新所要時間、問題の修正点等の情報を記載しています。

iOS12.1.1リリースの情報についてはこちらを参照ください。

macOS Mojave 10.14.2にアップデート後に発生した不具合は?

結論:Macbook、iMacの2台へのアップデート時ならびにアップデート後の不具合は発生していません。

Macbook Retina, 12-inch, Early 2016に対してmacOS Mojave 10.14.2のアップデートを実施

筆者の環境では、所有するMacbook Retina, 12-inch, Early 2016 1台に対し、2018年12月6日21:55にアップデートを完了しましたが、文鎮化するなどの現象は発生せず、特に問題なくアップデートすることができました。

2018年12月6日22:25現在、通信できない、アプリが起動しないなどの不具合は今のところ発生していません。

その他不具合が発見された場合には追記いたします。

iMac 27-inch, Late 2013に対してmacOS Mojave 10.14.2のアップデートを実施

筆者の環境では、所有するiMac 27-inch, Late 2013 1台に対し、2018年12月6日22:28にアップデートを完了しましたが、文鎮化するなどの現象は発生せず、特に問題なくアップデートすることができました。

2018年12月6日22:35現在、通信できない、アプリが起動しないなどの不具合は今のところ発生していません。

その他不具合が発見された場合には追記いたします。

macOS Mojave 10.14.2上げるべき?待つべき?

今回のmacOS Mojave 10.14.2は不具合の修正やセキュリティアップデートなど、メンテナンスリリースの位置付けのバージョンです。

なので、

  • macOS Mojave 10.14以降の方はできるだけ速やかに上げましょう
  • それ以外の方もそろそろ上げてもいいんじゃないかと思います

という感じでしょうか。

macOS Mojave 10.14.2 サイズとアップデート所要時間

Wi-FI接続のMacbookと有線LAN接続のiMacのmacOS Mojave 10.14.2のサイズとアップデート所要時間の実績値は次の通り。

機種 サイズ アップデート所要時間
(合計時間)
ダウンロード時間 アップデート時間
Macbook Early 2016 2.45GB 約41分 約9分(Wi-Fi) 約32分
iMac Late 2013 2.45GB 約23分 約6分(有線LAN) 約17分

ダウンロードの時間はWi-FIと有線LANの違いを順当に表しているように感じますが、アップデート時間に大きな差が生じました。

SSDストレージの容量がMacbookの512GB(279GB使用)に対し、iMacでは256GB(185GB使用)とサイズに依存しているような気もしますが、こちらはなんとも言えない状況です。

いずれにしても最低30分。基本は1時間、Macを使用せずに済む時間にアップデートを実施しましょう。

macOS Mojave 10.14.2で修正された問題点について

公式サイトの日本語版の情報にはまだ掲載されていないので英語版の情報を調べてみると下記の情報が記載されています。

This update:

  • Adds RTT (real-time text) support for Wi-Fi calling.
  • Adds a menu item to News for opening a story in Safari.
  • Resolves an issue that may prevent iTunes from playing media to third-party AirPlay speakers.

Enterprise content:

  • Allows administrators to enable FileVault via MDM for mobile accounts and users created by MDM.
  • Allows users to reset their login password at the login window when that password has expired via a password policy.
  • Resolves an issue that prevents displays from working when connected to MacBook Pro models introduced in 2018, if certain third-party USB graphics devices are also connected.

日本語版の情報が更新されたら日本語版の情報を追記するか、差し替えます。

iOS12.1.1で採用されたRTT(Real Time Text)がmacOSでも使用できるようになった。というのが一番のウリのようです。

macOS Mojave 10.14.2のセキュリティアップデートの内容について

2018年12月6日22:30現在、公式サイトの日本語版の情報には日本語での情報が記載されていないため、英語での情報を記載します。

Airport

Available for: macOS Mojave 10.14.1

Impact: A malicious application may be able to elevate privileges

Description: A type confusion issue was addressed with improved memory handling.

CVE-2018-4303: Mohamed Ghannam (@_simo36)

AMD

Available for: macOS Sierra 10.12.6, macOS High Sierra 10.13.6, macOS Mojave 10.14.1

Impact: An application may be able to read restricted memory

Description: A validation issue was addressed with improved input sanitization.

CVE-2018-4462: Lilang Wu and Moony Li of TrendMicro Mobile Security Research Team

Carbon Core

Available for: macOS Mojave 10.14.1

Impact: An application may be able to execute arbitrary code with system privileges

Description: A memory corruption issue was addressed with improved memory handling.

CVE-2018-4463: Maksymilian Arciemowicz (cxsecurity.com)

Disk Images

Available for: macOS Sierra 10.12.6, macOS High Sierra 10.13.6, macOS Mojave 10.14.1

Impact: An application may be able to execute arbitrary code with kernel privileges

Description: A memory corruption issue was addressed with improved memory handling.

CVE-2018-4465: Pangu Team

Intel Graphics Driver

Available for: macOS Mojave 10.14.1

Impact: A local user may be able to cause unexpected system termination or read kernel memory

Description: An out-of-bounds read was addressed with improved input validation.

CVE-2018-4434: Zhuo Liang of Qihoo 360 Nirvan Team

IOHIDFamily

Available for: macOS Sierra 10.12.6, macOS High Sierra 10.13.6

Impact: An application may be able to execute arbitrary code with kernel privileges

Description: A memory corruption issue was addressed with improved memory handling.

CVE-2018-4427: Pangu Team

Kernel

Available for: macOS Mojave 10.14.1

Impact: An attacker in a privileged position may be able to perform a denial of service attack

Description: A denial of service issue was addressed by removing the vulnerable code.

CVE-2018-4460: Kevin Backhouse of Semmle Security Research Team

Kernel

Available for: macOS High Sierra 10.13.6, macOS Mojave 10.14.1

Impact: A local user may be able to read kernel memory

Description: A memory initialization issue was addressed with improved memory handling.

CVE-2018-4431: An independent security researcher has reported this vulnerability to Beyond Security’s SecuriTeam Secure Disclosure program

Kernel

Available for: macOS Sierra 10.12.6, macOS High Sierra 10.13.6, macOS Mojave 10.14.1

Impact: An application may be able to execute arbitrary code with kernel privileges

Description: A memory corruption issue was addressed with improved state management.

CVE-2018-4447: Juwei Lin(@panicaII) and Zhengyu Dong of TrendMicro Mobile Security Team

Kernel

Available for: macOS Sierra 10.12.6, macOS High Sierra 10.13.6, macOS Mojave 10.14.1

Impact: A malicious application may be able to elevate privileges

Description: A logic issue was addressed with improved restrictions.

CVE-2018-4435: Jann Horn of Google Project Zero, Juwei Lin(@panicaII) and Junzhi Lu of TrendMicro Mobile Security Team

Kernel

Available for: macOS Mojave 10.14.1

Impact: An application may be able to execute arbitrary code with kernel privileges

Description: A memory corruption issue was addressed with improved input validation.

CVE-2018-4461: Ian Beer of Google Project Zero

WindowServer

Available for: macOS Sierra 10.12.6, macOS High Sierra 10.13.6, macOS Mojave 10.14.1

Impact: An application may be able to execute arbitrary code with system privileges

Description: A memory corruption issue was addressed with improved memory handling.

CVE-2018-4449: Hanqing Zhao, Yufeng Ruan and Kun Yang of Chaitin Security Research Lab

CVE-2018-4450: Hanqing Zhao, Yufeng Ruan and Kun Yang of Chaitin Security Research Lab

Additional recognition

LibreSSL

We would like to acknowledge Keegan Ryan of NCC Group for their assistance.

NetAuth

We would like to acknowledge Vladimir Ivanov of Digital Security. for their assistance.

Simple certificate enrollment protocol (SCEP)

We would like to acknowledge Tim Cappalli of Aruba and a Hewlett Packard Enterprise company for their assistance.

Information about products not manufactured by Apple, or independent websites not controlled or tested by Apple, is provided without recommendation or endorsement. Apple assumes no responsibility with regard to the selection, performance, or use of third-party websites or products. Apple makes no representations regarding third-party website accuracy or reliability. Risks are inherent in the use of the Internet. Contact the vendor for additional information. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.

macOS High Sierra(10.13)、macOS Sierra(10.12)においてもSecurity Update 2018-003 High Sierra, Security Update 2018-006 Sierraとしてセキュリティアップデートがリリースされています。速やかに適用してください。

macOS Mojave 10.14.2アップデート手順

注意:macOS MojaveからはApp Storeアプリではなくシステム環境設定からアップデートを行います。

1.[システム環境設定]で[ソフトウェア・アップデート]をクリックします。

2.「このMac用のアップデートがあります ・macOS 10.14.2アップデート」と表示されていることを確認し「今すぐクリック」ポタンをクリックします。

「詳しい情報」をクリックするとアップデートの内容を確認できます。

3.確認のダイアログが表示されるので「ダウンロードして再起動」ポタンをクリックします。

ダウンロードが開始されます。2.45GBのサイズがあるので時間がかかりますのでご注意ください。

4.ダウンロードが完了すると右上に通知が表示されるので一刻も早く再起動したい場合は「再起動」、あとでインストールしたい場合には「後で行う」をクリックします。なにもしない場合は60秒後に自動的にインストールのための再起動が行われます。

5.再起動が実施され、黒い画面の状態でインストールの進捗バーと残り時間が表示されます。このとき何回か再起動する場合があります。

6.インストールが完了すると自動的にmacOS Mojaveが起動し、macOS Mojave 10.14.2になっていることを確認できます。

The following two tabs change content below.
コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。 Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。 インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。 グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪ 夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪ 詳細なプロフィールはこちら
WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus