MENU

【移転】久露葉亭 神楽坂 〜 料亭風なのにおばんざい食べ放題

※【移転】2018年には移転しており、本記事の食事は提供されておりません。

IMG 6096 640

店の前を通るたびに気になってはいたものの、1年以上入る勇気が出なかったお店「神楽坂 久露葉亭(くろばてい)」についに潜入しました。果たしてその結果は…

クリックできる目次

少し外れた閑静な場所に佇むお店

神楽坂のメインストレートである早稲田通りから、ちょっとクネクネ入った閑静な場所に「神楽坂 久露葉亭」はあります。(詳しくは最後の「お店情報」を御覧ください)

IMG 6119 640

▲お高いのでは?と思わせるお店入口

お店のネームプレートがいくつもあります。

IMG 6123 640

電気が点くと思われる入口左側の看板

IMG 6124 640

▲上を見上げると木の看板が。高級感に輪をかけます

IMG 6122 640

▲こういった小物も料亭にありがちなアイテムのような…

和風と洋風の混在した店内空間

玄関で靴を脱いで入ると、和室の部屋に案内されますが、テーブルと椅子が置かれています。

IMG 6118 640

▲通された部屋の左手

IMG 6117 640

▲通された部屋の正面

IMG 6102 640

▲通された部屋の右手

ちょっと驚いちゃいますけど、システム的には、こちらの方が嬉しかったりします。なぜかは後ほど。
 

昼献立とおばんざい

お昼の献立はこんな感じ。この付近のランチ相場はだいたい1,000円なので、久露葉亭もその辺を踏まえ 1,000円からスタート。

とは言え、サラリーマンがお昼ご飯として食べるんだったら2,000円を超えるのは中々チョイスできないし、懐石みたいな料理も難しいところ。

IMG 6095 640

▲昼献立。左端に魅惑の文字が…

現実的には、せいろ蒸し御膳、蕎麦御膳、そして新登場の 瓦焼きうどん御膳のいずれかから選択することになります。

私は今回、せいろ蒸し御膳のいろいろ付いている版である神楽、同行者は蕎麦御膳のいろいろ付いている版である若宮を選択。

加えて、献立の左側に赤字で書かれている魅惑のおばんざい食べ放題を付けました。
 

おばんざい食べ放題を選択すると、「こちらにどうぞ〜」と隣の部屋である、おばんざい部屋に案内してくれます。

そこには魅惑のおばんざいの数々が。しかも、これらは食べ放題♪

IMG 6096 640

▲おばんざい部屋全容

IMG 6097 640

▲せっかくなのでほぼ一通り取ってみました♪

まずは一品料理系を大皿に取りました。

IMG 6098 640

▲一品料理系の数々

わかりやすいサラダから時計回りで紹介します。サラダ、かぼちゃの煮物、里芋の煮物、ひじきの煮物、大根の煮物、大根と厚揚げの煮物。見えにくいですが、真ん中にこんにゃくの煮物もあります。

そして、土鍋に入った煮物系。

IMG 6099 640

▲おでん。大根、ちくわぶ、ちくわ、玉子を取りましたがその他にこんにゃくとさつま揚げも入っていました

IMG 6100 640

▲肉じゃが。豚こま、じゃがいも、にんじん、玉ねぎ

プラス300円でこれらが食べ放題なんです。

なので、テーブル席のある部屋とおばんざい部屋を何度も行き来することになるため、普通のお座敷よりもテーブル席の方が嬉しかったりします。

ただ、今回は見ることが出来ていないのですが、奥の方か二階には普通のお座敷の部屋もあるみたいです。
 

せいろ蒸し御膳「神楽」

おばんざいを食べながら待っていると、ほどなく主菜であるせいろ蒸し御膳「神楽」が運ばれてきました。こちらも彩り豊かなボリュームたっぷりの内容です。

IMG 6104 640

▲せいろ蒸し御膳「神楽」

IMG 6110 640

▲岩中豚と野菜のせいろ蒸し

IMG 6112 640

▲すみません。なんか甘い小鉢(^_^;;

IMG 6114 640

▲もう一つの小鉢。きゃらぶきの煮物?間違ってたらごめんなさい

IMG 6113 640

▲生麩の田楽

IMG 6115 640

▲海老真丈

IMG 6116 640

▲湯葉春巻き

IMG 6106 640

▲香の物

IMG 6105 640

▲炊き込みご飯

IMG 6107 640

▲生のりと麸の味噌汁

IMG 6111 640

▲甘味。わらびもち??

以上です。って、かなり種類ありましたよねぇ?これだけの内容で1,500円というのもかなりおトクだと思います。
 

「神楽坂 久露葉亭」はこんな方にオススメ

久露葉亭はこんな方にオススメです。

オススメ
  • チェーン店ではお昼ご飯を食べたくない方
  • 神楽坂の料亭でご飯を食べてみたい方
  • さまざまなおばんざいを食べてみたい方
  • 食べ放題に目がない方

個人的感想

私の選んだせいろ蒸し「神楽」は、それだけでもいろいろ楽しむことができて良かったです。

が、同行者の方が頼んだ蕎麦御膳は…メインの蕎麦が先輩の口には合わなかったようで残念。

でも、おばんざいと御膳のおかずでお腹いっぱいになっていたようなので問題はありませんでした。

そして、何と言ってもおばんざい食べ放題。

食べ放題という性格上、一人の人が注文したら同行者の方々も注文せざるを得なくなってしまうのですが、300円でこれだけの種類をいくらでも食べ放題。というのはどう考えても採算が合わないのでは?と思ってしまいます。

でも、細かい好みみたいな部分はあるかもしれませんが、各おばんざいの味はどれも美味しくて、これを注文しない手はないと思いました。

ただ、個人的にちょっと気になったのは部屋に通されたときに、気になるにおいがしたこと。エアコンの正面だったのでエアコンなのかもしれませんが…

だんだん慣れはしましたが、あのにおいは何だったんだろうな…

和食に関する知識が足りず、何の料理だったのかがわからない部分が多々あり、いかんなぁ。と思いました。

いずれにしても、ごちそうさまでした。これからも精進します。
 

お店情報

店名:【移転】神楽坂 久露葉亭
ジャンル:和食 定食 おばんざい
住所:東京都新宿区神楽坂3-6-53
電話番号:050-5868-6435(予約専用)
03-5206-6997(問合せ専用)
営業時間:昼の部:11:30-15:00
夜の部:17:30-23:00
定休日:日曜日
サイト:公式サイト 
食べログ ぐるなび Hotpepper 
Retty ヒトサラ 
地図:

この記事、このサイトを気に入っていただけましたら、応援クリックをいただけると、筆者が泣いて喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。
Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。
インターネットビジネス、ブログ運営など、学ぶことが大好き。
グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪
でぐっちの知見と体験が世の中に広まり、役に立つことを願って。

クリックできる目次