EXシアター六本木

EXシアター六本木はテレビ朝日系列のライブハウス・劇場です。 [blogcard url="http://www.ex-theater.com/"] 高速道路を挟んだ六本木ヒルズタワーの向かいになります。 ライブハウスということもあるのか派手な入口になっています。

志の輔らくご in EX 2017

志の輔らくご in EX 2017はEXシアターでの開催となりますが、主催はバルコ。 現在建替中の渋谷のパルコが復帰したらどうなるんでしょうか… なんてことを思いつつ、去年に続いて運良く初日のチケットをゲットすることができました。 演目は去年と同じ「ディアファミリー」と「歓喜の歌」。 EXシアターでは、今日の演目もポスターではなく電光掲示板ででかでかとハッキリと案内されています。 クリスマスっぽい飾り付けがされているシアター入口。 チケットを持っている人は2列に並んで入場です。 さすが志の輔師匠。俳優さん、女優さんなどの花がたくさん届いています。 ポスターはとってもシンプル。 EXシアターは地下にあるスペースなので、入口入ってからエスカレーターで下に降りていきます。

志の輔らくご「ディアファミリー」「歓喜の歌」

舞台、観客席内は撮影禁止なので写真がありませんm(_ _)m 志の輔らくごは、立て屏風に高座と座布団1枚ではなく、いつも練りに練られた仕掛けがされています。 もちろん高座と座布団はありますけどね。 本公演ではプロジェクターを使ったり。というのは仕掛けはありません。 が、EXシアターならではの生のド迫力を堪能できる仕掛けがされています。 去年も驚きましたが、今年も圧巻でした。友達は感動していました。 どんな仕掛けなのかはきっと他の誰かが書いてくれると思うので検索してみてくださいね(^_^;) 演目は去年と同じ「ディアファミリー」と「歓喜の歌」だったんですが、マクラがちゃんと時事ネタを含んでいたり、それがちゃんと落語の伏線となってて、マクラだけでも十分楽しかったです♪ [blogcard url="https://ja.m.wikipedia.org/wiki/歓喜の歌_(落語)"] 来年の1月6日からの銀座SIXでの新春落語会は存在を知らず取りそこねました。 [blogcard url="http://www.shinosuke.com/index_GINZAMODE_2018.php"] でも、志の輔師匠の会はハズレがないのでチャンスがあればまた聴きに行きたいです。 では、今回はこの辺で。 [buttons ]]>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.