立川こはるさんの「こはるの夏休み」を聴きに横浜にぎわい座に行ってきました!

2019年7月25日。立川こはるさんの独演会「こはるの夏休み」を聴きに、久々に横浜にぎわい座へ。

立川こはるさんは立川談春一門の一番弟子で二つ目の落語家さんです。

2ヶ月に1度、立川こはるさんは横浜にぎわい座の地下にある小ホール、のげシャーレで自主公演の独演会を開いています。

そして、ここ何年かは夏(7月)と冬(1月)の年に2回、横浜にぎわい座主催での独演会となって名前も夏は「こはるの夏休み」、冬は「こはるの冬休み」とタイトルがついての公演となっています。

自主公演の方は今年?去年の後半?にチケットが1500円から2000円に値上がりしたタイミングでお客さんがちょっと減っちゃいました。

が、今回の横浜にぎわい座さん主催のこはるの夏休みは完売御礼。

にぎわい座主催の公演になるとポイントカードに押印してもらったり、10ポイント貯めて1公演無料でチケット交換できたりするので、その影響か、、、

あるいは、今週「7RULES」に出演したからか。

人気が出るのは嬉しくもあり、落語知らない人が入ってきてうーんとなる部分があったり。微妙な心境です(^_^;;

今回は横浜にぎわい座主催なので、後ろに金屏風が立っていたり、高座のベースとなっている舞台に化粧板がついていたり、間仕切りがあったり…と、高座らしくなっています。

18:36ごろのげシャーレに入るとすでに8割ぐらい席が埋まってました!

19時になって出囃子がなって立川こはるさんが登場。

7RULESに出演したこと、今も3ヶ月の密着取材を受けていること、欧州公演についていくことなどなどマクラを聴きながら、

  • 青菜
  • お化け長屋
  • 船徳

を聴きました。

楽しかったなー。

来年の1月17日の「こはるの冬休み」も開催されることが確定!

これからも応援続けます!

もっと聴きに行きたいなー。

では、今回はこの辺で!