watchOS6.0.1(17R604)リリース。3件の問題に対応。アップデートすべき?待つべき?サイズ、所要時間、不具合は?

2019年10月1日。先日出たばかりのwatchOS 6ですが、早速、watchOS 6.0.1(17R604)がリリースされました。

早速、watchOS 6.0.1へのアップデートを手持ちのApple Watch Series 3に実施しました。

アップデートすべきか否か、変更点、所要時間、導入後の不具合の有無、更新手順についてご紹介します。

watchOS 6.0.1アップデートすべき?待つべき?

今回のwatchOSのアップデートはwatchOS 6からwatchOS 6.0.1と3番目の数字が変更となるメンテナンスリリースの位置づけとなります。

watchOS 6.0.1にアップデートした方が良い方は次のとおりです。

  • watchOS 6にアップデートした方
  • 最新版を利用したい方

逆にwatchOS 6へのアップデートを待った方が良い方は次のとおりです。

  • watchOS 5以前をご利用の方
  • 慎重派の方

watchOS 6.0.1アップデート後の不具合について

2019年10月1日23:30現在、Apple Watch Series 3 42mmのwatchOSを6から6.0.1にアップデートしましたが、次のような不具合・問題は発生していません。

  • 起動しなくなる
  • 再起動を繰り返す
  • 通信しない
  • 利用できない

何かありました際には適宜更新します。

watchOS 6.0.1のアップデートのサイズ、所要時間について

watchOS 6のサイズ、所要時間は次の通りです。

機種 更新前
watchOS
サイズ 全体
所要時間
ダウンロード
所要時間
インストール
所要時間
更新後
パージョン
Apple Watch Series 3
42mm
6
(17R575)
83.1MB 49分 29分
※1
20分 6.0.1
(17R604)

※1:モバイルルータを使用

今回のサイズは83.1MBでしたが、ダウンロード&展開に時間を要しました。また、インストールの時間も相当かかりました。

watchOSのアップデートは、

  1. インターネットからiPhoneへのアップデートファイルのダウンロード
  2. iPhoneからAppleWatchへのアップロード

と2段階のインストールとなるため、インターネット接続環境、iPhone-AppleWatchの通信状況に大きく依存します。

最低1時間以上、可能であれば2時間程度、iPhoneならひにAppleWatchを利用しなくても問題のないタイミングでアップデートを実施してください。

また、watchOSの更新については、

  • Apple Watchが充電器に接続されていること
  • Apple Watchが50%以上充電されていること
  • Apple WatchとペアリングしているiPhoneが同一のWi-Fiに接続されていること

を確認の上、アップデートを行うようにしてください。

watchOS 6.0.1の更新内容

Watchアプリのソフトウェア・アップデートに出てきた画面はこちら。

2019年10月1日23:00現在、公式サイト「watchOS 6 のアップデートについて」の「watchOS 6.0.1」には次のように記載されています。

watchOS 6.0.1

watchOS 6.0.1では、パフォーマンスが最適化され、セキュリティアップデートおよび以下を含む改善とバグ修正が含まれています:

  • ミッキーマウスとミニーマウスの文字盤で時間が読み上げられない問題を解決しました
  • カレンダーのコンプリケーションでイベントが表示されない場合がある問題に対処しました
  • ディスプレイの調整データが失われる場合があるバグを修正しました

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

公開日: 

watchOS 6.0.1セキュリティアップデートについて

公式サイト「Apple セキュリティアップデート」の「watchOS 6.0.1」を見ると、セキュリティアップデートは含まれていません。

watchOS 6.0.1へのアップデート手順と確認方法について

watchOS 6.0.1へのアップデート手順

watchOS 6.0.1へのアップデート手順は次のとおりです。

1.【Watch】アプリの起動

Apple WatchとペアリングしているiPhoneで「Watch」アプリをタップし起動します。

2.【一般】の選択

マイウォッチ画面で画面をスクロールし「一般」をタップします。

3.【ソフトウェア・アップデート】の選択

一般画面で「ソフトウェア・アップデート」をタップします。

4.【ダウンロードとインストール】の選択

ソフトウェア・アップデート画面で「watchOS 6.0.1」であること、また、ダウンロードサイズを確認し、「ダウンロードとインストール」をタップします。

5.【インストール】の選択

Apple Watchへのアップデートファイルのダウンロードが完了すると、「インストール」と表示されるため、「インストール」をタップします。

6.バスコードの入力

パスコードを入力します。

7.インストールの実施

「確認中…」「インストール中…」に変化し、、、

「watchOS 6.0 お使いのソフトウェアは最新です」と表示されます。

が、実際のApple Watch上ではインストールが完了していませんのでご注意ください。

watchOS 6.0.1にアップデートされたことの確認

Apple Watchに時計のフェイスが表示されればwatchOS 6.0.1へのアップデートは完了しています。

が、iPhoneやApple Watchでアップデートされたことを確認するには次の手順で確認します。

iPhoneのWatchアプリでの確認

1.iPhoneで【Watch】アプリを起動

2.【一般】を選択

3.【ソフトウェア・アップデート】を選択

ソフトウェア・アップデート画面に「watchOS 6.0.1 このソフトウェアは最新です。」と表示されることを確認します。

4.【情報】を選択

一般に戻り「情報」を選択します。

情報画面の「バージョン」に「6.0.1 (17R604)」と表示されることを確認します。

Apple Watchの「設定」アプリでの確認

Apple Watchの「設定」アプリでもwatchOS 6にアップデートされたことを確認できます。

1.Apple Watchで【設定】アプリを起動


2.【一般】を選択


3.【情報】を選択

4.バージョンを表示

Apple Watchの画面をスクロールし、「バージョン」に「6.0 (17R575)」と表示されることを確認します。

5.ソフトウェア・アップデートを選択

一般に戻り、ソフトウェア・アップデートを選択します。

5.通知でアップデートの完了を確認

お使いのApple Watchは最新です。と表示されることを確認します。

おわりに

iOS/iPadOSもかなり頻繁にアップデートされていますが、watchOSも10日でアップデートされました。

頻繁にアップデートされるのは嬉しいですが、時間がかかるのが難点ですね。

もっと短い時間でアップデートが終わるようになったらいいんだけどなー。

今後もwatchOSの情報がありましたら更新をしていきます。

では、今回はこの辺で。

watchOSリリース履歴

watchOS 4
2018年07月15日 watchOS 4.3.2(15U70)リリース
2018年05月30日 watchOS 4.3.1リリース
2018年03月31日 watchOS 4.3(15T212)リリース
2018年02月19日 watchOS 4.2.3リリース
2018年01月23日 watchOS 4.2.2(15S542)リリース
2017年12月05日 watchOS 4.2リリース
2017年11月01日 watchOS 4.1(15R846)リリース
2017年10月04日 watchOS 4.0.1リリース
2017年09月19日 watchOS 4.0リリース
watchOS 3
2017年07月20日 watchOS 3.2.3(14V753)リリース
2017年05月16日 watchOS 3.2.2リリース
2017年03月27日 watchOS 3.2リリース
2017年01月23日 watchOS 3.1.3リリース
2017年12月13日 watchOS 3.1.1リリース
2016年10月24日 watchOS 3.1リリース
2016年09月14日 watchOS 3.0リリース
watchOS 2
2016年07月18日 watchOS 2.2.2リリース
2016年05月16日 watchOS 2.2.1リリース
2016年03月21日 watchOS 2.2リリース
2015年12月09日 watchOS 2.1リリース
2015年10月22日 watchOS 2.0.1リリース
2015年09月22日 watchOS 2.0リリース