レッドブル・エアレース

空のF1と言われるレッドブル・エアレース。世界から選ばれた14人のパイロットしか出場できない飛行機での速さを競う世界選手権です。 そのエアレースに日本人で唯一出場しているのが室屋義秀選手。44歳。2009年からレギュラー参戦しています。 日本でエアレースが有名になったのは去年。NHK BSで1年間で8戦行われる全戦、全レースを放送するようになり、さらに日本での開催が決まったから。 しかも、去年初開催となった第3戦千葉で室屋選手がエアレース初優勝を飾ったんです!! そして、今年、第2戦サンディエゴ、第3戦千葉、第6戦ラウジッツの3戦で優勝しました。 が、2戦ノーポイントで終わったレースもあり、第7戦終了時の年間総合順位は2位。 年間総合優勝を決めるには、最終戦第8戦で室屋選手が優勝し、トップのマルティン・ションカ選手が3位以下でなければいけないという厳しい状況です。

第8戦インディアナポリス

予選の調子が芳しくなかった室屋選手の予選順位は11位。 結果、緒戦となるラウンド14で、いきなりションカ選手との直接対決。 低気圧の影響で雨と風が強くレースは50分以上遅れで開始。 室屋選手は強風の中、インコレクトレベル(機体の傾き違反)でプラス2秒のペナルティを負う展開で大ピンチ。 コレはマズいと思った中、ションカ選手が終盤でパイロンヒットのペナルティでプラス3秒となり、緒戦を突破しました。 続いてのラウンド8はミカエル・ブラジョー選手との対戦をミスのないフライトで破り決勝へ進出。 決勝となるラウンド4では1番目のフライト。 そこで今までのレコードを大きく破る1分03秒026を記録し、他の選手が追いつけず優勝! そして、敗者復活から結晶に進んだションカ選手が4位に終わったことで、室屋選手が逆転で年間総合王者も獲得しました!!

2017年間総合王者

おめでとう!! おめでとう!! チームの支えがあったからですよね!!おめでとう!! 応援に来てくれた今年のインディ500を制した佐藤琢磨選手と感動を分かち合いました!辻アナもお疲れさまでした!! 来年も活躍してくれると信じています!!本当におめでとう!! レッドブル・エアレースの公式サイトはこちら。 [blogcard url="http://airrace.redbull.com/ja_JP"] では、今回はこの辺で。 [buttons] ]]>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.