watchOS 4.3.2リリース。できるだけ早くアップデートしよう!

2018年7月15日。iPhoneにwatchアプリからwatchOS 4.3.2リリースの通知が。調べてみたら7月10日にリリースされてたみたいですね。ならば。と早速上げてみましたよ。

watchOS 4.3.2 上げるべき?待つべき?

今回は3番目の文字が上がるというマイナーバージョンアップ、メンテナンスアップデートなので、上げて問題ないかと思います。

とりあえず、「watchOS 4.3.2 不具合」「watchOS 4.3.2 trouble」「watchOS 4.3.2 issue」でGoogle先生に尋ねてみましたが、連絡先にアクセスできなくなった。というのが1件あっただけでした。

でぐっちのApple Watch Series 3 with LTEモデルでは特に問題なく動いているように見受けられます。

watchOS 4.3.2 アップデート内容

watchアプリには改善とバグの修正というぼんやりした表現のみ。

Apple公式サイト「watchOS 4のアップデートについて」(https://support.apple.com/ja-jp/ht208071#432)は次のようになっています。ってか、watchアプリと同じ内容ですね。

Apple公式サイト「Appleセキュリティアップデート」(https://support.apple.com/ja-jp/HT201222)からの「watchOS 4.3.2のセキュリティコンテンツについて」(https://support.apple.com/ja-jp/HT208935)には次のように記載されています。

正直、Apple Watchでそんなことされることあるの?という感じがしなくもないですが、何が起きるかわからないのがガジェット、インターネットの世界なので、塞げるセキュリティの穴は塞いでおいた方がいいです。

もちろん、最近はほとんど同じコードが使われている iPhone/iPad の iOS 11.4.1 への更新ならびに、macOS についても最新版の 10.13.6 への更新をしておいた方が良いでしょう。

watchOS 4.3.2 への更新方法

1.iPhoneでWatchのアイコンをタップしアプリを起動します。

2.マイウォッチ画面で一般をタップします。

3.一般画面でソフトウェア・アップデートをタップします。

4.ソフトウェア・アップデート画面で「watchOS 4.3.2」と表示されていることを確認し、インストールをタップします。

5.iPhoneのパスコードを入力します。

6.利用条件画面で右下の同意するをタップします。

7.自動的にwatchOS 4.3.2のダウンロード、Apple Watchへの転送、アップデートが実施され、しばらくすると次の画面のようなアップデート完了の画面になるので「了解」をタップします。

ただし、Apple Watch上ではまだアップデートが実施されている場合もあるので注意してください。

8.「watchOS 4.3.2 お使いのソフトウェアは最新です」と表示されることを確認します。

9.Watchアプリ→一般→情報の画面で「バージョン 4.3.2 (15U70)」と表示されることを確認します。

The following two tabs change content below.
コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。 Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。 インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。 グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪ 夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪ 詳細なプロフィールはこちら
WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com