Google Search Consoleからのメール

メールを確認してみるとGoogle Search Console Team <sc-noreply@google.com>さんよりメールが来てました。 件名は「https://de-gucci.com/ での「404」ページの増加」。 404は「ページが見つかりません(Page not found.)」のエラーを示しています。 なんで突然、、、、ということで調べてみます。

クロールエラーの内容を調べてみる

メールには「クロールエラーの確認」というリンクがあるので、リンク先にアクセスしてみます。 すると確かにURLエラーが激増しています。 「エラーのあるページ」の優先度1の詳細を開き、さらにリンク元を見てみると、あまりリンク元に一貫性がありません。 試しに一番上のURLを開き、ページのソースを確認してみると原因がわかりました。 フッターに、現在存在しない固定ページのリンクの記述が載っていました。 「外観」→「ウィジェット」でフッター部分を確認しましたがそれらしき記述はありません。 さらに調べてみるとありました!「外観」→「メニュー」に存在しない固定ページが残っています。 これによって、de-gucci.comのすべてのページのフッターに存在しない固定ページのリンクが掲載されていたのでした。

404エラーに対処する

なので、「外観」→「メニュー」から、その存在しない固定ページの記述を削除しメニューを保存しました。 これで、主たる原因への対処は完了です。フッターから固定ページのリンクが消えていることを確認します。 ただし、根本的な原因への対処を実施しないと今後も同じ事態が起こる可能性があるので、根本的な原因の解明と対処を実施する必要があります。 管理画面のメニューを見ていて気づいたんですが「メニュー設定」の「固定ページを自動追加」のチェックボックス「このメニューに新しいトップレベルを自動的に追加」にチェックがついています。 今回の原因は、別件の作業で一時的に作成した固定ページのリンクがこのチェックボックスがチェックされていたことにより、意図せずにメニューに追加されていたためでした。 なので、このチェックを外して「メニューを保存」しました。これで完了のはずです。

対処、修正したことをGoogle Search Consoleに通知する

修正しただけでは Google Search Consoleは認識してくれないので、明示的に教えてあげる必要があります。 それには「Fetch as Google」を使用します。今回はフッターの修正でサイト全体におよぶため、https://de-gucc.com/ そのものをPCとモバイルで取得し直します。 これでエラーは消えてくれるはずです。   一例ではあるかと思いますが、ご参考まで。  ]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください