モバイルSUICA定期券の有効期限切れの対処方法&防ぐ方法

定期有効期間が切れたとき、モバイルSUICAのチャージ金を使わない

まず考えられるのは定期が切れたときにもパイルSUICAのチャージ金を利用しないようにする方法が考えられます。 これにより、例えば前日に定期が切れた状態で、定期で改札を通り抜けようとすると「ピンポン♪」となって入場できなくなります。 かなり有効な方法ですが、次のデメリットが考えられます。 この辺に耐えられるなら、設定してみるのも良いでしょう。 設定方法は 1.Suicaアプリを起動する。 2.チケット購入・Suica管理をタップする 3.画面をスクロールし「定期券有効期限外のSF利用設定」をタップするか、定期購入直後の場面で同項目をタップする 4.有効期間外SF利用設定で「利用しない」のラジオボタンをタップし、「変更する」をタップする 設定か完了しました。の文字が出れば完了です。

リマインダーを設定する

ベタな対応策ですが定期が切れる前にリマインダーで通知する。という方法が考えられます。 継続定期券の購入は14日前から出来るので、給料日後、クレジットカードの月の支払後など購入できるタイミングでリマインダーを飛ばすようにします。 リマンイダーが出たタイミングで認識し、忘れないうちに定期を継続することをオススメします。 設定方法は次の通り。 1.リマインダーアプリを起動する 2.「日時設定あり」をタップする 3.「詳細」画面て必要事項を入力、設定する。特に日付については14日前から当日定期を買う前に気付くよう設定する ▼例えば、次の図では「定期再購入」の名目で「2018年1月6日(火)午前6時」に設定しています。

おわりに

意外と単純ですが、今までやったことないことをやる。って言うのは効果が高いと思います。 果たしてどうなるか、様子を見たいと思います。 では、今回はこの辺で。 [buttons]  ]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください