iPhone / iPadのデータ通信量の確認&リセット手順

1.設定アイコンをタップします。   2.モバイルデータ通信 をタップします。   3.モバイルデータ通信の使用状況の 現在までの合計 を確認します。先月1日にリセットしていれば、1ヶ月分の使用量になっています。(※この画面はiOS11.xの画面です。iOS10.xでは表示がちょっと異なります)   先月は10.8GBでした。私が契約しているのはウルトラシェア30。30GBまで使えるプランです。全然使ってないですね。もったいない。 ただ、今回の結果からだいぶ見えて来たことがあります。詳しくは後段で。 4.画面を一番下までスクロールして、統計情報のリセットをタップします。   5.確認画面で 統計情報のリセット をタップします。   6.データ通信量がリセットされていることを確認します。  

Android 7.0の場合

1.設定アイコンをタップします。 2.接続をタップします。 3.データ使用量をタップします。 4.モバイルデータ使用量をタップします。 5.先月の使用量を確認します。 12月は880MBの通信でした。これはiPhone XにiOSの11.2.1をダウンロード&インストールするためにモバイルデータ通信を使ったためです。 ここで使っているSIMは格安SIMのFREETELの「使った分だけ安心プラン最大20GB(ドコモ回線)」なので下から2番目のレンジ、〜1GBまでに収めることができたので1,199円(税抜き)となります。

先月の使用量について考える

使用量を把握するのは大切ですが、変動が合った場合、どうしてそうなったのか考えると、後々につながります。

ドコモ回線

11月はiPhone Xを入手し、主に画像同期を中心として大量のモバイルデータ通信が発生し、40GBも使ってしまいました。 そのことに気づいたため、12月はモバイルデータ通信するアプリを限定する設定をしましたが、それが功を奏し、10.8GBまで抑えることができました。 が、一方でドコモ回線が30GBまで使える契約となっているため、ムダ遣いをしている状態となっています。 ただし、ウルトラシェア20と30とでは月額料金は1,000円(税別)しか違わないため、1,000円で10GB多く使えるのであれば30GB状態をキープしたいところです。 、、、ということで、考えました。 11月はiPhone Xへの機種変に伴い同期によるモバイルデータ通信が大量発生しましたが、12月1か月でWiFi経由でだいぶ同期も済んだと仮定し、アプリのモバイルデータ通信を解放し、様子を見てみます。 1週間から10日ぐらいすれば傾向が見えてくると思うので、そのときに見直しを実施します。

FREETEL回線

予備の回線であるFREETELですが、本来使わなくて良い880MBもの通信が発生しました。 とは言え、最低レンジ(〜100MB、月額999円)の次の2番目のレンジ(〜1GB、月額1,199円)で済み、最低レンジとの差額は200円ですから、この程度であれば許容範囲と考えます。 とは言え、毎朝、起きた時点でiPhoneに新しいiOSがリリースされていないか確認していれば、使わずに済んだモバイルデータ通信です。 毎朝のiOSチェックを忘れないように習慣化していきたいと思います。

おわりに

あなたの先月の使用量はどれくらいだったでしょうか? モバイルデータ通信量のチェックをすることで、普段、どんなスマホの使い方をしているかを知ることができ、見直すチャンスとなります。 ぜひ、今後も毎月1日のモバイルデータ通信の確認&リセットを実施してみてくださいね。   では、今回はこの辺で。 [buttons]]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください