【2019年12月】毎月1日と言えばモバイルデータ通信量確認&リセットの日。iCloud同期やiPhoneの機種変には注意しよう

2019年12月1日。師匠も走る師走という12月に入りました。残り1ヶ月。年末年始休暇も見えてきましたね。さて、毎月1日と言えば、モバイルデータ通信量確認&リセットの日ですよ。

iPhoneでのモバイルデータ通信量の確認手順

1.【設定】アプリをタップし起動する

2.【モバイル通信】をタップする

3.【使用状況】で全体の使用量を確認する

※ドコモでモバイル通信プランを設定していると、1日の0:00の時点で次の画像のように使用状況がリセットされてしまいます。

【>】で先を見ても今月分になってしまっています…

4.【モバイルデータ通信】で使用状況を確認する

※ドコモの場合は次の画像のように「今回の支払請求期間」「前回の支払請求期間」のようにタブで表示されます。
※データ更新のタイミングにより、月初最初の起動時には「今回の支払請求期間」が前月分の表示となり、2回め以降は「今回の〜」が今月分、「前回の〜」が先月分の表示となるので注意してください。

5.ドコモ以外の人は画面一番下の【統計情報のリセット】をタップする

ドコモ以外の方は、モバイル通信の画面を一番下までスクロールし、【統計情報のリセット】をタップします。

再確認されるので【統計情報をリセット】をタップします。

【現在までの合計】【現在までのローミング合計】が0バイトになっていることを確認します。

ドコモでの先月の全体のモバイルデータ通信量の確認手順

1.【My docomo】をタップする

2.パスコードを入力する

3.【データ通信量】は既に今月の表示となっているため【>】をタップする

4.画面をスクロールし【過去の利用データ通信量】で先月のモバイルデータ通信量を確認する

先月は早々に30GBを超えてしまい結局34.29GB…

でも追加のギガの購入はしないでやり過ごしました。なんとかなるもんですね。

発狂しそうになることもありましたけど(^_^;;

先月(2019年11月)のモバイルデータ通信状況の振り返りと見直しの検討

全体的な料金プランの見直しの検討

10月が24.20GBだったのに対して11月は34.29GB。

いやー。行きましたねー。

まぁ、大きな原因は基本わかってます。

・写真のiCloudへの移行

・iPhone 11 Pro Maxの購入

そして

・データプラスの利用開始

です。

写真のiCloudへの移行

iPhone XS Maxの写真が3万枚を超えてMacでの写真アプリ、イメージキャプチャアプリでのバックアップ&同期かできなくなってきました。

フォトアップローダーとして使っているするぷろXでも写真を添付しようとすると落ちるようになっていました。

写真を撮ることがiPhoneを使用する楽しみの1つでもある私にとって、写真がバックアップ&同期できないのは辛いものがあります。

その解決策として考えたのがiCloudによる写真のバックアップ&同期。

数日に渡って対応した結果、なんとか同期は取れたんですが、標準だとモバイルデータ通信でも同期を取ろうとしてしまいます。

かと言って、同期を取らないと写真にアクセスできないこともあったりして…

現在も悪戦苦闘中です。

iPhone 11 Pro Maxの購入

どうしてもiPhone 11 Pro Maxの超広角カメラ、広角カメラ、望遠カメラの3つのカメラで撮影したくなるのを我慢できなくなって、11月11日に購入しました。

メインのiPhoneとして使用するためにiPhone XS Maxに入れていたSIMをiPhone 11 Pro Maxに入れました。

そのSIMを挿したまま、セットアップのために、アプリのダウンロード、写真の同期などをモバイルデータ通信することによりギガを消費しました…

データプラスの利用開始

iPhone 11 Pro Maxの購入に合わせて、ドコモの新料金プランになって使いやすくなった、タブレット・ルータ用のSIM利用プラン、データプラスを利用を開始しました。

データプラスでは毎月1000円でメイン回線のギガホ、ギガライトのデータ通信量をシェアできます。

過去にiOSアップデートがiPhone自身でできなかったこと、iPadなどとの利用時の毎月の使用料が下がったことから契約してみました。

ほんとは9.7インチiPad Proに入れようと思っていたんですが、nano-SIM単体でもらっちゃったので、そうだ。とiPhone XS Maxに入れて、移行が完了できていないアプリを使う際に利用しています。

その結果、前述のiCloud、iPhone 11 Pro Maxの購入と関係してきますが、iPhone 11 Pro Maxで撮影した写真の同期などをモバイルデータ通信で行ってしまい、それなりなギガを消費することと なりました。

12月以降の展望は?

とは言っても、現在、iPhone 11 Pro Max、iPhone XS Maxの同期はほぼ取れたので、この先はそんなに使わないのではないかと考え、料金プランについてはこのまま継続することに決めました。

アプリ使用の見直しの検討

【モバイルデータ通信】を確認するとアプリ別の順位は次のようになっています。

  1. 写真…6.1GB
  2. Facebook…3.5GB(+0.4GB)
  3. Safari…1.3GB(-0.9GB)
  4. (はてな)ブックマーク…1.2GB(-0.8GB)
  5. LINE…1.2GB(-0.4GB)
  6. SLPRO X…1.1GB

上位6つで14.4GB利用しています。

写真についてはガンガンにギガを消費していることに気づいてあわててモバイルデータ通信しないように変更しました。

Safariやはてなプックマーク、LINEの使用量が減っているように見えますが、実際には11月11日以降のiPhone 11 Pro Maxだけの使用量です。

11月11日にSIMを挿し変える前のデータは残念ながらiPhone XS Max上に残ってない(新しいSIMのデータに置き換えられた)ので、先月と同じかそれ以上使ってたんじゃないかなー。と思います。

次点ではありますが、7位のシステムサービスは内訳を見てみると書類と同期が520MB使っていたのでやはり機種変に伴うiCloud同期には注意しなければいけませんね。

引き続きモバイルデータ通信の利用状況はこまめにチェックしていきます。

おわりに

ドコモのギガをシェアできるデータプラスを利用開始しました。

か、9.7インチiPad Proを持ち歩くのはかさばる、重い、そしてiPhone 11 Pro Maxへの移行が完了していないことを理由にiPhone XS Maxに挿れています。

これで、どちちかのiPhoneのiOS更新時にはテザリングで更新できるようになったので、1つの問題は解決したんですが、新たな問題が。

結局、同じギガをシェアしているので上限に到達すると共倒れ状態になってしまうこと。

まさか30GB使い切るとは思わなかったんですが、コンティンジェンシープラン(想定外の事態発生時の対応策)として、やっばり別SIMのなにかを用意しておく必要があるのかなー。と悩んでいます。

大きく分けて次の2つ。

・Samsung Galaxy S7 Edgeに格安SIMを挿す

あるいは

・モバイルルーターを購入する

進展ありましたら記事にしていきたいと思います。

今月も賢いモバイルデータ通信をしましょう。

では、今回はこの辺で。