横浜にぎわい座

18時半開場の19時開演。飯田橋からだと17時半にオフィスを出れば最短17:40ぐらいに到着できるはず、、、 だったんですが、15時ごろに襲った豪雨、雷雨、雹、暴風の影響で電車のダイヤが乱れ、着いたのは開演時間の5分前。 2つ目さんなのに、小ホールとは言え140席が満席、完売御礼。すごいですねー。プラスアルファで当日券も何席か出たみたいですけど。 ラッキーなことに友達が早めに到着してくれていたので前方の席に座ることができました。まぁ、小ホールなので後方一番離れた席でも十分近いんですけどねー。 にぎわい座さん主催ということで舞台が化粧板で覆われ、高座の後ろには屏風が立ちます。 [ga-dg-in-article-02]

今日の演目

金明竹

などからの金明竹。 最近は談笑師匠の青森弁や笑二さんの沖縄弁などを聴いてて、スタンダードな関西弁は久々に聴きました。なんか新鮮♪

船徳

からのネタおろし「船徳」。 前回のにぎわい座では「ごめんなさい。次の会で!」。そして、一昨日の「シェアする落語」の懇親会では「まだ、ぜんぜん覚えてない、、、」と言ってた「船徳」。 入りが一昨日の「湯屋番」と同じ入り方でドキッ!?としましたが、その辺の工夫ができるのも落語の楽しみの一つですね。

茶の湯

仲入りの後 からの「茶の湯」。 さすが落語、どこをどう間違えたら、それが「茶」になるのか。 しったかぶりのご隠居さんと小僧に大笑いです。 [ga-dg-in-article-03]

落語ワンダーランド

ぴあMOOKとして発売されています(2,000円)。 こはるさんも取り上げられています。ディスられてる? 落語を知らない人はコレを持ち歩けば、どんな噺かあらすじが分かる! [aa-rakugo-wonderland] 山川出版さんの落語修行時代にも出ているみたいです。買わねば…こはるさんなら「立ち読みでいいです」とかいいそうだけど(笑) [aa-rakugo-syugyojidai] では、今回はこの辺で。 [buttons]

横浜にぎわい座はどこにあるの?

]]>