de-gucci.com

新しいモノが大好き、知るコトが大好き、楽しむコトが大好き♪

貝とぬる燗 潮音(しおん)(秋葉原)で夏の魚と貝と肴をいただき、その美味しさに感動する

2017年7月24日。秋葉原の潮音(シオン)さんにて貝好きメンバーの集まり「貝の会」、二回目の会合が開催されました。

秋葉原 貝とぬる燗 潮音(しおん)

潮音さんはJR秋葉原駅昭和通り口から昭和通りを北に向かって250mほど行ったところにあります。

この看板が目印。秋葉原駅からだと手前に見える「秋葉原漁港 快海」さんの二号店なんですね。

潮音さんは地下一階のお店なので階段を降りて潜入します。自分しか知らない秘密基地に入るみたいでワクワクします。

潮音 メニュー

前回に続いて、メッセージがお出迎え。こちらこそありがとうございますm(_ _)m

黒板には本日のおすすめが載っています。どれも美味しそう♪

そして今回は各テーブルに「本日のめっけもの」が。これだと今日何があるのか一目瞭然。嬉しい配慮ですねー。

日本酒とその他の飲み物メニュー。日本酒が一番充実♪

お酒

潮音さんで楽しいのはお酒のおちょこが選べること。何にしようか迷ってしまいます。私は手前の横縞の釉薬が効いたおちょこにしました。

お酒はまず鶴齢(かくれい)の冷酒から。ラベルがかわいい♪

青木酒造さんの「雪男 純米酒」だったんですね。すみません。勉強不足で。

お通し

貝(失念)とわかめの小鉢。

ちっちゃかったけど食べごたえがあって美味しかったな。

限定サービス

どうやら一部の人しか持ってないらしい店長の名刺の裏側に書いてあった「生サバ 人数分 サービスします」。もちろんいただきます。

生のごま鯖と真さばの酢〆。生さばとしめさばの両方を味わうことが出来て超ラッキー♪どっちも甲乙つけがたい美味しさ。



本日のおすすめ

何を食べようか。となったとき、メンバー全員一致で「本日のおすすめは全部食べなきゃダメだよね!」ということとなり、全部注文することに。

お魚については煮るか、焼くか、揚げるかを選ぶことができます。とは言え、お店の方と相談しながら選択するのがいいと思います。

殻付 生うに

八戸産の殻付きの生うに。いや、写真とかテレビでは見たことあるけど実物は初めて。

どうなってるんだ?これ?って感じです。

さじですくってみると見たことのあるうにが!んまい!!板にのっているのとは異なる美味しさです。

わさびなんかもちょっと載せていただくとこれまた美味しい。

岩牡蛎

伊勢の岩牡蠣。夏と言えば岩がきですよねー。全員かきOKだったので、一人1つ注文です。

ぷりぷり♪

そんなに大柄ではなかったので一口でちゅるん♪といただいちゃいました。岩がきはその触感と濃さがすごいいいですよねー♪

甘鯛 潮煮

甘鯛は潮煮にしていただきました。

甘鯛の身はほくほくしていて、潮の味がやさしくさっぱりとしていて美味しい♪

甘鯛だけではなく、小ぶりな蛤(はまぐり)が一緒に煮られていて、貝好きメンバーとしてはこっちの方に意識が向かってしまったのはナイショです(^_^;; はまぐりも美味しかった♪

出汁として干し?椎茸も入ってて、数の関係から私は食べれませんでしたが美味しかったようです。

えぼ鯛 塩焼

えぼ鯛は塩焼でいただきましたよ。塩焼っていうとガンガンに塩をふって焼くところもあるんですが潮音さんは素材としての魚を活かす絶妙な塩加減。ホクホクして美味しかったです。

太刀魚 塩焼

太い刀の魚と書いて太刀魚(たちうお)。その名の通りまっすぐな身が塩焼で出てきました。さっぱりとしておいしい。

おこぜ 唐揚げ

おこぜと言えばやっぱり唐揚げですよね。

こんなにいかつい顔をしているのに美味しい。

ぜんぜん身がないんじゃないかと思っていたんですが、思ったよりも身があってびっくりしました。皮の部分には脂ものってましたね。



天然地魚と活貝刺身盛り

潮音さんといえば地魚と活貝の刺身盛り。予約のときにお願いしていました。

仙崎の瀬付あじ。

気仙沼のかつお

宮城の帆立。

北海道のぶり。

すみません。蛸(たこ)だけ産地失念。

鮮魚一品料理

穴子 柔らか煮

江戸前穴子の柔らか煮。甘辛い煮詰めと柔らかい穴子の身のマッチングがすばらしい♪ そして、付け合せのもろきゅうがこれまた美味しかった。

蒸しあわび

長崎の蒸しあわび。

あわびが食べれるとは大人になったものです。

刺身醤油と塩でいただきます。コリコリとした身が美味しい♪

ピンボケですが、キモとヒモも美味しかったです。



旬のおばんざい

石川芋の揚げ出し

石川芋ってなんだ?と思ったら小さな里芋なんですね。

衣に甘辛い出汁が合わさって、石川芋の食感と相まっておいしいー。

岩もずく酢

能登産の岩もずく酢。

酸っぱすぎず甘すぎないお酢ともずくの食感かたまりません。

酒肴

さばへしこ

頭にさばをつけなくてもへしこと言えば鯖なんじゃないか説もありますが、鯖の塩漬け&ぬか漬け。

塩っ気がかなり強いので、ほんのちょっとで超酒が進みます。ご飯でも一片あったら一杯食べられる(^_^;; でもクセになる味です。

寿司・飯もの

ごま茶漬け

〆にごま茶漬けをいただいたんですが写真撮り忘れてしまったので、前回の写真を。相変わらずの美味しさ♪



ごちそうさま

メンバー4名中2名が完調ではなかったものの、おいしいものを食べてる間に調子があがってきて、結局、かなりの種類いただいていましたね。

それでも、一人頭6,500円ぐらいと今回も予想を下回る金額でした。すばらしー。

ふと気づくと、貝の会なのに、貝の量が少なかったんじゃないかと思ったりも。

次回は刺身3種、焼貝2種、蒸貝2種の「貝三昧盛り合わせ」をいただくしかありませんな。

季節が変われば旬の魚、貝、肴も変わる。ってことでまた訪問させていただきます♪

では、今回はこの辺で。

 

The following two tabs change content below.
コンピュータ会社に勤めるサラリーマン。 Apple製品、電子小物など、新しいものが大好き。 インターネットビジネス、ブログ運営、iOSプログラミングなど、学ぶことが大好き。 グルメ、旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞など、楽しむコトが大好き♪ 夢はプロブロガー?「質より量より更新頻度」をスローガンに更新中♪ 詳細なプロフィールはこちら
Return Top